category     - Reggae/Dub -

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ちょっと疲れます
TOP ▲
Red Fox - As A Matter Of Fox

Red Fox
As A Matter Of Fox


どういう関わりがあるのかとか全然知らないんだけど、Brand Nubian参照)に参加していたのを聴いて思い出したので、これ。
レッド・フォックスの93年作。
1枚目ではなかったかと思うんだけど、これしか聴いてないし、これ以降知らないのでよく分からず。
ちょっとだけ調べてみたけど、一応他にもアルバムがあることが分かっただけで、これといった情報も見つからず。

それはともかく、聴いてみたのは、やはりBrand Nubianのアルバムに参加しているのを聴いて、だったと思う。
ラガマフィン・スタイルがインパクトあったし、レゲエやらラガマフィンやら、その辺にも興味があった頃だったので。
で、聴いてみたら、悪くはないし、嫌いではないんだけど、どうやら1、2曲、部分的にこういうスタイルが登場するくらいがちょうどいいらしく、1枚丸ごとラガだと飽きてしまうというか、疲れてしまうというか、あまり性に合わず、深入りせずに終わる。
だから、このアルバムも何度かは聴いたけど、あまり印象に残らず。

で、久しぶりに聴いてみているところ。
わりとヒップホップよりの音作りだった記憶があったんだけど、そうでもなくてまっとうな(?)ダンスホール・レゲエの音、かと思えばやっぱりヒップホップよりの曲があったり、ゴスペルっぽいことをやっていたり、思っていたよりも幅広くやっている。

とか書いているうちに、あれ?このアルバム、なかなか格好良い曲が入ってなかったか?と言う記憶が徐々に蘇って来た。
それが11曲目の"Dem A Murderer"。
これ、今聴いても充分格好良い。
能天気なのもいいけど、もうちょっとこういう鬼気迫るような曲が多ければもっと気に入って聴いていたかも。

総合すると(?)、やっぱりダミ声だけだとちょっと飽きるし、曲によってはあまり好きじゃないのもあるんだけど、何かしながら聴いている分には悪くはなくて、最後の方に格好良い曲もあるのでやっぱり嫌いじゃない。
でも、そんなに積極的に聴こう、という感じでもない。
何だかまとまりなく中途半端ですが、そんなところです。



去年の2月。
back-woods song その1
スポンサーサイト
[2010/06/07 20:51] | Reggae/Dub | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
たぶん気のせい
TOP ▲
Best of Inner Circle

Inner Circle
The Super Best Of Inner Circle


さらに雰囲気を変えて。

Inner Circleの70年代前半の曲を収録したベスト盤。
リリースされたのは、93年とか94年とか、その辺り、らしい。
たぶん。
買ったのは、7、8年前ってところ、だったと思う。
たぶん。
きっかけは友人に薦められたからなんだけど、このグループは(ろくに聴いたことがないくせに)売れ線(?)のレゲエというイメージが強くて、最初はちょっと抵抗があった。
ちょっとじゃなくて、かなり。
たぶん。
でも、聴かせてもらうと凄く良くて、すぐに自分でも購入した憶えが。

で、しばらく聴いてなかったんだけど、先日、ふと目に付いて久しぶりに聴いているところ。
かなりポップでレゲエとしても聴きやすい部類なんじゃないかと、それほど詳しくないながらに思うんだけど、ヴォーカルが良いのでレゲエとしても良いし、ソウルとかそんな感じでも聴けるし、ベスト盤ゆえか、印象に残る曲が多い。
曲によっては、歌声が60年代のニール・ヤングに聴こえたりして、Buffalo Springfieldを聴いているような錯覚に陥る、のはたぶん気のせいで、凄く個人的な感想なんだけど、そんなところも気に入っていたりして。
音の雰囲気も良いし。

リンクを貼ってみて気付いたのだけれど、持っているのは国内盤のこっち。

ザ・スーパー・ベスト・オブ・インナー・サークル

ジャケットの写真とデザインはほぼ同じなから、タイトルがちょっとだけ違う。
で、リンクを貼った輸入盤の方は国内盤よりも1曲多いらしい。
でも、1曲のために買い直すほどでもないし、それよりはこれしか持ってないからオリジナルのアルバムの方を聴いてみたい。
近年のものにはあんまり興味ないけど。



3枚で。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
[2010/01/10 15:19] | Reggae/Dub | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
昔から良い声です
TOP ▲
Feel Good All Over: Anthology 1970-1976

Horace Andy
Feel Good All Over: Anthology 1970-1976


ホレス・アンディをもうひとつ。
タイトル通り、70年から76年の曲で構成されたコンピレーション。
トロージャン時代ってことで良いんだろうか。
分かりません。
多分、リリースは2002年。
Massive Attackのレーベルからリリースされたアルバム参照)と一部曲が重なるけれど、古い時代のものを聴いてみたかったので、試しに買ってみたのだったと思う。

で、悪い訳がなく、単純に好きな音だったものの、2枚組で46曲入りというヴォリュームなため、なかなかまとめて聴く気にならず、そんなに聴き込まずに終わってしまった。
1枚ずつじっくり聴くとか、そういうことをすれば良かったんだろうけど、そこまでも至らず。

で、久しぶりに聴いてみたら、やっぱり良いので普通に楽しめた。
持っているアルバムを立て続けに聴いたけど、結局音的に一番しっくり来るのはこれだったりして。
ただ、どの曲がどうとか、そういうことを詳しく書けるほどの深い聴き方はしてなくて、雰囲気を楽しむようなそんな感じなんだけど。
レゲエ全般、そういうことが多い。
一応、強いていえば、できるだけ最初の方の、シンプルな歌ものが好きかも。
で、もっと言うと、ここには含まれていないけれど、60年代の曲を聴くことができたなら、このアルバムよりもさらに気に入るかも。

ともかく、昔から良い声な訳です。
また、そのうち聴いてみようと思います。



1月。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
[2009/12/14 19:20] | Reggae/Dub | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
相変わらず良い声です
TOP ▲
Living in the Flood

Horace Andy
Living In The Flood


引き続き、ホレス・アンディ。
99年リリース。
ベスト盤参照)を聴いて気になっていたところで新作として発表され、手に取った1枚。

で、聴いてみたら、今思うと当然なんだけど、現代風な、ハイファイな音作りになっていて、それがどうもしっくり来なかった。
だから、あんまり聴いた記憶がない。
中身の方も、漠然とあんまり気に入らなかったという記憶だけ。

で、久々に聴いてみたら、意外と音作りのハイファイさは気にならず、むしろこれはこれで心地良いとさえ思った。
何度も体験しているけれど、音の好みって変わるというか、許容範囲って広がるものだな、と。
ただ、曲が進むにつれ、無用なまでにポップな曲があったり(あくまで自分の好みとして)、ハイファイさがちょっと過剰に聴こえる曲があったり(あくまで自分の好みとして)、なかなか良い感じのキーボードのソロが始まったところでフェード・アウトしてしまったりとか、少々残念なところも。
でも、概ね、以前にはあまり受け付けなかったものが、わりと楽しめたので、素直に嬉しい。

そんな感じでした。
声は相変わらず良いです。



3日目続き。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/12/13 17:22] | Reggae/Dub | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
良い声です
TOP ▲
Skylarking: Best Of Horace Andy

Horace Andy
Skylarking


再びMassive Attack絡みに戻って。
Massive Attackのアルバムに参加していたホレス・アンディの96年リリースのベスト盤。
リリース元のMelankolicって、Massive Attackのレーベルだったような気が。

で、実のところ、Massive Attackを聴いて、このホレス・アンディというシンガーの存在を特に意識した訳ではなかったのだけれど、友人がMassive Attackから辿ってホレス・アンディを聴いてみて気に入り、薦めてくれたのだったと思う。
それがこのアルバムだったか、そのタイミングでこのアルバムがリリースされたのか忘れてしまったけど。
何となく、このアルバムを最初に聴かせてもらったような気がする。

で、聴いてみたら、たしかに独特な雰囲気のある声で、Massive Attackのアルバムで聴くよりも、より心地良く、一時結構気に入って聴いていた1枚。
今聴いても、かなり久しぶりに聴いた訳だけれど、なかなか良いと思った。
ただ、こういうレゲエ、ダブになると、それほど詳しくないこともあるし、これのどこがどう凄いかとか、どこが優れているとか、あんまり書くことが思い付かなかったりして。
まあ、こういうのが聴きたくなった時に、安心して楽しめる、ということで。

あっさりしてますが、この辺で。



こちらは休み。
back-woods song
[2009/12/12 23:28] | Reggae/Dub | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME | 次ページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。