category     - Pops -

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
気分転換
TOP ▲
ポップ・ポップ

Rickie Lee Jones
Pop Pop


金曜のライブの嫌な気分を払拭するために、という訳でもないのだけれど、こんなアルバムを久々に聴いてみた。
91年のスタンダードなどを取り上げたアルバム。
当時、後の自分の音楽の趣味にかなり影響を与えたある友人とCD屋へ訪れた時、このアルバムを買っていた。
その頃の自分と言えば、ジャズもよく分からなかったし、ポップスの類い、それもこういう女性ヴォーカリストとなるとまったく興味なし、という感じだったのだけれど、なぜだったか忘れたが、後になってその友人から借りて聴いてみたのが最初だった。
で、これがまた、自分でもよく分からないのだけれど、もの凄くこのアルバムを気に入ってしまい、友人に借りている間、愛聴していた憶えがある。
と言いながら、実は未だに自分では持っていなくて、これも借り物。

そして、久々に聴いてみて、やはりとても素晴らしいのでしみじみとしているところ。
まず、声とちょっと独特な歌い方だろうか。
このアルバムを最初に聴いた頃に比べ、最近ではジャズを良く聴くようになったので、また違った感じで聴こえたりもする。
クレジットを確認してみると半分くらいの曲でチャーリー・ヘイデンがベースを弾いていたり、ジョー・ヘンダーソンが1曲参加していたり、あの頃まったく知らなかったことが分かり、それもまた面白い。
そして、ほぼ全曲でギターを弾いているロベン・フォード。
名前だけどこかで聞いたことがある、とその程度しか知らない人だけれど、なかなか良い雰囲気で、かなりの貢献度。

ただ、ジャズを聴くようになったとは言え、まだヴォーカルものにはほとんど手を出してないので、ジャズ・ヴォーカルとしてどうなのかよく分からないし、他と比べることもできない。
なので、そういう角度からこのアルバムがどういう評価を受けているのか、ちょっと興味があったりもするが、少なくとも、そんなことを気にせずとも楽しめる、なかなかの名盤ではないかと思う。
どうでしょう。

そんな具合に、このアルバムが気に入ったので、以前にこの人のファースト・アルバムを聴いたこともあるのだが、こっちは全然好きになれなかった。
なので、この人の他の作品については、興味がないこともないのだけれど、ちょっと怖いので手が出せずにおります。
スポンサーサイト
[2007/05/14 00:15] | Pops | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
遅ればせながら
TOP ▲
Modern Romance

Sasha Dobson
Modern Romance


今年の6月、日本で先行リリースされたアルバム。
サーシャ・ダブソン、と言っても、4月のジェシー・ハリスの来日に同行(こことかここ)してくれなければ、知ることはなかったかも。
ジェシー・ハリス絡みということで、名前くらいは知ることになったかもしれないが、果たしてこのアルバムを購入するまでに至ったかどうか。
現に、ジェシーの同行付きで1月に来日したものの、見に行かなかったトリスタン・プリティマンのアルバムは買ってないし、それほど興味も湧いてないし。

で、このアルバム。
リリースされて、次の月ぐらいに既に購入して、何度か聴いていたのだけれど、そのままになっていて、ここ数日、久しぶりに集中して聴いてみている。
ライブで聴いた時には、良いシンガーだけれど、凄く心に残る歌声、という感じではなかった。
というのは、既に何度か書いたような気もするが、個人的にこういった女性シンガーの音楽はそれほど積極的に聴いてこなかったというのも大きい。
こうして作品を聴いてみても、その印象は大きく変わらず、やはり特別な声の持ち主、とは感じられない。
けれど、特別とは感じなくとも、嫌いな声質ではないので、心地よく聴くことができる。
しかも、何度も聴いていると、涼し気で柔らかい声が、何とも良い感じに響いてくる。
聴き込むと味の出てくるタイプかも。
少なくとも自分にとっては。

そして、それ以上に見事だなと思うのが、ジェシー・ハリスとリチャード・ジュリアンによる、ソング・ライティング、カヴァー曲のアレンジ、細かいところまで気を配った音作り、ジェシー・ハリスのライブやノラ・ジョーンズのライブでも感じたことだが、彼らの周辺のミュージシャンの演奏力の高さ、などなど。
とても完成度の高いアルバムじゃないかと思う。
どちらかと言えば地味だし、爆発的に売れそうな感じではないけれど。
これからの季節、良いかも。

もともとジャズ・ミュージシャンだった両親の影響なのか、ジャズ・シンガーとして4、5枚アルバムを出しているそうで、機会があれば聴いてみたいなと思っているが、ちょっと想像がついてしまう感じではある。
何となくこのアルバムが一番良いのではないかと思う。
でも、まあ、聴いてみないことには何とも。

良いアルバムです。
[2006/10/06 00:52] | Pops | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。