FC2ブログ

monthly

  2006年12月  

気になるジャケット気になるタイトル
TOP ▲
Afro-Cuban

Kenny Dorham
Afro-Cuban


55年録音の2つのセッションからなるアルバム。
もともと10インチとしてリリースされていたものに未発表曲を加えたもので、リリースこそ"'Round About Midnight At The Cafe Bohemia"の方が先のようだが、こっちがブルーノートでの初リーダセッションにあたるそうだ。

このアルバムは、ブルーノートのディスコグラフィー本で見かけて以来、なぜかとても気になってずっと聴いてみたいと思っていた。
気になった理由というのは、とても単純。
ジャケットのデザインと"Afro-Cuban"という言葉の響きだけだ。
何しろ、ここでの主役であるケニー・ドーハムについては、多分、誰かの作品で少しは聴いたことはあると思うのだけれど、リーダー作はまだ聴いたことがないし、こういう人、というイメージが自分の中で出来上がっていないので。
そんなこのアルバム、たまたま安く売られているのを見つけ、念願叶ってようやく聴くことができた。

濃い。
とても密度が濃い。
ホーンが4人(曲によっては3人)もいるので、派手めだが、タイトル通りのラテンなノリにピッタリ。
それに、参加メンバーが凄い人ばかり、というのは最近ようやく分かるようになってきたことだけれど、一丸となった演奏が見事。
期待以上。

ラテンと言えば、ずいぶん前にここには参加していないがサブーのアルバムを友人に貸してもらって聴いたことがあった。
タイトルはすっかり忘れてしまったのだけれど、ようやくCD化、という感じのアルバムで、多分、この"Afro-Cuban"同様、クラブ方面でも人気があった作品だったのだと思う。
少なくともブルーノートのアルバムではなかったような気がするが、どうだったか。
まあ、それはともかくとして、その頃はラテンの良さが分からず、結局そのサブーのアルバムも全然印象に残っていない。
が、多分、今聴いたら楽しめるのではないかと思う。
今度、また聴かせてもらおう。
まだ、持っていたらだけど。
よろしく。

という訳で、なんだかサブーについての方が長いような気もするけれど、良いです、とても。
1500番台も良いものだなあ、と思う今日この頃。
スポンサーサイト



[2006/12/29 01:16] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |