monthly

  2011年08月  

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
最後まで聴けなかったのが悔やまれますが
TOP ▲
_IGP6195

Sardine Head
08/25/11 Thumbs Up - Yokohama, Kanagawa, Japan


先週の木曜日。
久しぶりのSardne Head。
メンバーの個別の活動の何度か見に行っていたので、あまりそんな気はしてなかったんだけど、気付いたら3月の荻窪以来見ていなくて、しかもまだ今年2度目。
さらに、ここ数ヶ月、いろいろな企画続きだったので、バンドとしても久しぶりの単独ライブということで、それは見ておきたい、ということで。
平日の横浜はちょっとしんどいんだけど、久しぶりに見たい気持ちの方が上回り。

_IGP6203

_IGP6218

で、ファースト・セットは、いきなり、最近のナスノさんとの活動からのフィード・バックを感じさせるようなイントロから始まり、"Fusion"へ。
もともと大曲だけど、さらに改変が加えられていて、よりおかしな曲(?)へ変貌。
ベースのゴリッとした音に、こういうロック・バンド然とした(ちょっと違うか?)演奏を生で聴くのって久しぶりなきがするな、と感慨に耽りました。(?)

_IGP6230

続いて、"Nelson"やら"Chi Chi Boooo"やら"River The Wild"やら、新旧織り交ぜつつ、どの曲もいろいろと改変されていて、面白いことに。
古めの曲もヴァージョン・アップされていて、違和感なく並べる辺りもさすが。
で、"Soil"で締め。

_IGP6237

_IGP6249

セカンド・セットは、"Pool"から。
途中の展開にしびれました。
この曲に限らず、この日はアグレッシブで、メリハリのつき方がより大きく大胆に。

_IGP6252

_IGP6253

そして、"Trick Cycling"と来て、"Goose Bumps"から、この日3度目だという新曲"Blow Ripple"。
最近の音源をまだ聴いていなかったので、個人的には初めて聴いた曲。
Sardine Headの曲としてはストレートで、変化があって良いです。
で、"Yellow Tale"で締め。

_IGP6264

_IGP6266

アンコールは、"The Ending"。
この曲も、いじくり回されていて、もともと面白い曲だけど、さらに面白く。

これで終わり、かと思えば、もう1曲やりそうな雰囲気。
なんだけど、帰りに乗りたかった電車の時間にちょうど良かったんで、残念ながらここで退場。
別のルートならもっと遅い時間でも帰れるんだけど、平日なんでここはスッパリと諦めて。
でも、悔しい。
最後は、"Movin'"だったそうですね。
今、聴いているところ。

_IGP6284

_IGP6291

という訳で、最後まで聴けなかったのが悔やまれますが、久しぶりにたっぷり堪能してきました。

セットリストは、鰯メモ

その他の写真は、こちら
照明暗めで、ピント合ってないのが多いですが。



休み。
back-woods song
スポンサーサイト
[2011/08/28 10:54] | Live | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
たまにはゲスト入りも良いものです
TOP ▲
Kenta Tsugami Bozo & Phonolite Emsenble

Bozo
08/20/11 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


先週の土曜日。
わりと久しぶりにBozo。
前回見たのが4月なのど、ちょうど4ヶ月ぶり。
そんなに経っているとは。
で、今回は、津上さんのバースデイ・ライブということで、トランペットに類家心平さん、ギターに市野元彦さんがゲスト。
とか書きつつ、直前までどのパートのどなたがゲストに入るのかをすっかり忘れていて、ステージを見てギター・アンプが置いてあるのを見て、今日はギターが入るのか、と気付いたんだけど。
とにかく、市野さんは初体験。

セットリスト。

Set 1:
Blind Side
Sweet & Bitter
Waltz For Type A
Imada Minu Yama

Set 2:
High Will
Bees And The Mud (Mouse Soup Suite)
Two Large Stones (Mouse Soup Suite)
Easy Crunch

Encore:
Present

で、二管の上にギター入りとなるとどんなだろう、と想像しているうちにスタート。
人数増えて、ソロ回しが少々長めで、曲数がやや少なめ、でしょうか。
トランペットが入っているからか、いつもよりも、より派手で勢いがあるように聴こえ、いつもよりも、ジャズっぽい、と思った。
と言ってもいつもジャズっぽくないという訳ではなくて、いわゆる普通のジャズ(?)を感じさせるような、というとなんかちょっと違う気がするんだけど、うまく説明できず。
そして、なぜか、一瞬、ウェイン・ショーターという名前が浮かんだんだけど、これは多分2ヶ月ほど前に南さんの新しいバンドで、同じく類家さん入りでウェイン・ショーターの曲を聴いたことによる刷り込みのせい。

市野さんのギターは、最初はどうかな?と思って聴いていたんだけど、徐々にジワリジワリと来る過程が良くて、なかなか面白い。
ところどころでは、聴こえにくかったりもしたんだけど、テーマ部分でも良い感じだったし、津上さんの曲はギターにも合うと思った。

で、ここ最近では、結構珍しい選曲も聴けたりして、やはりいつもとちょっと違った雰囲気。
ではあるんだけど、外山さんはやはりどう聴いても外山さんだし、南さんもどう聴いても南さんだし、水谷さんも、津上さんも同様。
でも、やっぱり違う、という感じで、何が言いたいのかだんだん分からなくなってきましたが、とにかく堪能。
アンコールでは、新しい曲をゲスト抜きで、しみじみと。

という訳で、熱い演奏を楽しみました。
たまにはゲスト入りも良いものです。



休み。
back-woods song
[2011/08/23 21:12] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
ハプニングがあると珍しい曲が聴けたりすることもあります
TOP ▲
Hiroshi Minami

Minami Hiroshi Go There!
08/12/11 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


先週の金曜日。
南博 Go There!です。
前回が5月なので、結構久しぶりな感じ。
Go There!だけでなく、先月は南さんを見てないし、本当は今月のFuturistic Futureへ行こうかとも考えていたんだけど、別の予定が入ってしまい、結局見ることができず、さらに久しぶりな感じ。

セットリスト。

Set 1:
Barack Obama
Dark Landscape
Sea And The Ocean
Tears
Window In The Sky

Set 2:
Kandinsky
December, December
Serene
Peaceful Destruction
Footprints

Encore:
Hope

今までとちょっと違った入り方をした"Barack Obama"から始まって、"Window In The Sky"で終わったファースト・セット。
ここ最近っぽく、特に大きな変化のない構成ではあるけれど、3ヶ月も間があったこともあり、これ、これ、これを聴きたかったんですよ、と強く感じた演奏。
アッという間に終わってしまった不思議な感覚。

新曲"Kandinsky"から始まったセカンド・セット。
"December"を聴きながら、最近やってない曲も聴きたいな、とぼんやりと考えていたら、次に始まったのが"Serene"。
これは嬉しい。
単純に好きな曲でもあるし。
ここで、芳垣さんが水谷さんの方を向きながら、ひたすらベースを煽り続け、そうすると自然と竹野さんや南さんのソロも凄いことになるという場面。
Go There!の演奏で、好きなところのひとつ。

その次、ちょっとハプニングがあって、やる予定だった曲の譜面を南さんが跳ばしてしまったらしく、???な感じになりつつ、そのままやってしまえということで、多分最後に演奏する予定だった"Peaceful Destruction"へ突入。
で、これで終わってしまうのかな?でも、ちょっともうちょっと聴きたいね、なんて思っていたら、そのまま演奏続行。
何をやるんだろう?と思っていると、聴き覚えのあるフレーズ。
どうやら"Footprints"。
演奏の方は、探り探りではあったけれど、こういう曲を聴ける機会は滅多にないので、これもまた良し。

そして、アンコールは、これもまた珍しく"Hope"。
最初のアルバムの最後に収録されている曲。
Go There!のライブに通い始めた頃には、もしかしたら聴いているのかもしれないけど、少なくとも曲名と曲が一致して判別できるようになってからは、ライブで聴くのは初めて、だと思うんだけど、どうでしょう。

今回は、客が多く、座席がビッシリ埋まるほど。
金曜日だったし、お盆休みの人も多かったんだろうか。
普段からこのくらい入ってもおかしくないのに、と思いつつ、熱気があって良い感じでした。
そろそろトリオの方も見に行きたいと思う今日この頃。



休み。
back-woods song
[2011/08/16 11:39] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
ますます圧倒的
TOP ▲
IMGP5806


proto4
08/03/11 Showboat - Koenji, Tokyo, Japan


諸事情により(?)、書くのが遅れましたが、先週の水曜日。
ナスノさんの新たなソロ・プロジェクト(なのかな?)proto4を見に高円寺へ。
今回は、6月のグッドマンに続いて、再びSardine Headのジョージさんが参加。
さらにドラムにJimanicaさん。
グッドマンでのデュオも面白かったけど、そこにドラムが加わるとどうなるのか、とても興味湧いたので、ってだけの理由ではないけど。
ショーボートへ行くのは、多分、15年振りくらいではなかろうか。

proto4は、2番目に登場。
まずは、ナスノさんのエフェクトを駆使した演奏から入り、ドラムが入り、ギターが入り、とジワリジワリと進行し、ノンストップの約50分。
ドラムのJimanicaさんは、以前に1度だけ見たことがあるんだけど、その時は内容が若干好みと違っていたり、演奏者としてどうこうという印象を持たなかったので、改めて初体験といった感じ。
今回は、タイトに的確に音をヒットするのが、厚みと迫力を加えていて、かなり好印象。
ドラムにも軽くエフェクトを掛けていて、時折Aphex Twinのように聴こえる場面も。
ジョージさんは、とてもらしい音とフレーズを交えつつ、濃厚に絡み付く感じ。
それが、前回のデュオの時以上で、回を重ねるごとに(といってもまだ2回目だけど)確実に良くなっているのが素晴らしいです。
強いて言えば、ギターの音量がもうちょっと欲しいなという場面はあったけど。
ナスノさんは、もう、弾いていても弾いていなくても圧倒的な存在感。
言うことないです。
という訳で、これまた、今後が楽しみです。

この日は、この他2つのセッションがあって、ひとつは何だか学制の音楽サークルのバンドみたいな感じだったので、特に感想なし(いや、本当はあるけど)。
もうひとつは、佐藤研二さんのセッション。
佐藤さんは、前から1度見てみたいと思っていたので、これもこの日見に行った理由にひとつ。
たしかに、もう単にベーシストと言ってしまって良いのか分からない佐藤さんの独特な弾きっぷりは凄かった。
ただ、ちょっと遊び過ぎというか、音をちりばめ過ぎていて、ちょっと落ち着かない印象。
その他、ギターの方も見た目と機材の凄さ以上のインパクトは、少なくともこの日の演奏からは感じられず、キーボードの方は、んー....。
それぞれにキャリアのあるメンバーのようなので、迫力なんかはあるんだけど、それぞれの地力だけで強引に持って行ってしまったような感じで、個人的にはあまりピンと来なかった。
残念。

ライブ終了後に、聴きそびれていた静寂の2枚のアルバム(これ
">これとこれ
">これ)を購入。
もっと早く聴いておけば良かった、と思っているところ。
明日、8月8日の下北沢でのナスノさん祭り(?)には行くつもりでいたんだけど、見送らざるを得ないかな。
この日が素晴らしかっただけに、残念。



休み。
back-woods song
[2011/08/07 12:19] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
手抜きメモ2011年7月
TOP ▲
7月も終わってしまいましたが、こんな感じ。
他にも見たいのはいくつかあったんだけど、少々抑えめに4本。
前半ばかりなので、長いことライブを見てないような気になっているところ。
そして、ちょっと変わった感じだった、かも。

07/05/11 広瀬淳二・芳垣安洋 @ 合羽橋 なってるハウス
07/08/11 blacksheep @ 新宿 Pit Inn
07/10/11 Phonolite Trio @ 新宿 Pit Inn
07/15/11 Matsukaze Koichi Quartet @ 新宿 Pit Inn

CD。

blacksheep - blacksheep
Jeremy Taylor - Reggae Interpretation Of Kind Of Blue

こちらはさらに抑えめに2枚。
ライブの時に買ったblacksheepのファースト・アルバムと"Kind Of Blue"のレゲエ解釈。
どちらも良好。

こんな感じでした。
[2011/08/01 20:19] | info/etc.. | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。