スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
リマスターの力
TOP ▲
Face up to It

Heresy
Face Up To It!


オリジナルのリリースが88年のこのアルバムが、リマスターされてちょっと前にリリースされた。
日本では、"Voice Your Opinion"という別のタイトルでソノシート付きでリリースされていて、そのレコードを持っているのだが、これが音質最悪。
だから、リマスターによってどのくらい違うのか比べてみたかった。
ライナーによれば、このアルバム以前に使ったことのあるスタジオでレコーディングに入ったものの、機材が最新式のものにすっかり変わっていて、思ったような結果が得られなかったようだ。
時間も予算も限られた中でのレコーディングだから、録り直すこともできず、泣く泣くリリースしたというのが真相らしい。
で、聴いてみた訳だが、音質最高とはいかないまでも、充分聴けるレベルに仕上がっていると思う。
この手のハードコア・バンドはあまり音がごつくなってもつまらないので、ちょうどいい感じじゃないだろうか。
今のリマスターの技術って凄いなと思った。

このアルバムは、前述の通り音が最悪だったこともあってあまり聴いてなかったのだが、改めて聴いてみると、結構この手のバンドにしては、曲にも柔軟性がある方だし、演奏もなかなかキレがある。
ラスト・シングル"Whose Generation?"には及ばないものの、その片鱗を窺うことができる。
当時はグラインド・コアなんて呼ばれていて、とにかくそれまでのハードコア以上のスピードを売りにしていた。
スピード感よりもうねる感じが強く、後続のバンドへの影響も大きかったらしい。
その後、いつのまにかグラインドなんて言葉も使われなくなり、デス・メタルのシーンと混ざり始めた頃には興味がなくなり、音楽に過激さを求めていたのはこの辺りまでだったので、その後の状況についてはあまり良く知らないのだが。

このリマスター盤は、このバンドのディスコグラフィーを網羅する企画の第2弾に当るのだが、どうやら第3弾もあるらしい。
それには"Whose Generation?"も含まれるのだろう。
で、多分、また買ってしまう。
でも、この手のやつはたまに聴くと発散になるからよし。
[2005/12/08 01:05] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪月刊グラントグリーン1月号 | ホーム | 職人技≫
コメント
これ聴きたいっすね。

ところで横のProfileの写真、また変わっていたけどこれは誰?
スコットイアンかな?
[2005/12/08 08:18] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

これはなかなか良いと思うよ。
全部一緒だけどね、曲は。(笑)

写真は、正解。
[2005/12/08 09:04] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/100-49f9bd73
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。