スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
けっこうしゃべるんですね
TOP ▲
Faust - The Faust Concerts Vol.II

Faust
The Faust Concerts Vol. II


せっかくなので、ついでにもうひとつ。
リリース順はちょっと前後して、94年に2枚リリースされたライブ盤のうちの1枚。
中身は、92年のロンドンでのライブ。
持ってないけど、もう1枚の方は90年のハンブルグのライブだそうです。

これは、リリース当時、CD屋でたまたま見つけたのだったと思う。
情報もあまりないし、ちょっと怪しいし、2枚ともたしか3500円近くと高かったので、聴いてはみたいけど、どうしようとかなり迷った憶えがある。
で、散々迷った挙げ句、最初に見つけてからどのくらい経っていたかは忘れたけど、まずこのVol.2から買うことに。
でも、買ったは良いけど、聴いてみたらあんまりピンと来なくて(どころか、結構キツかったかも)、いずれ買うつもりでいたVol.1の方はいつの間にか興味の対象から外れることに。
今となっては、なぜVol.2の方を最初に選んだかはまったく憶えてないけど、CD屋の推薦文か何かを読んで決めたような気もする。

という訳で、久しぶりに聴いてみたけど、内容に関してはほとんど記憶なし。
ただ、以前はちょっとキツいと感じたものが、今聴くとそれほどでもなく、結構普通に聴くことができた。
わりとまともに演奏していたりだとか、工事現場みたいな音だとか、いろいろな音がするのでなかなか面白い。
面白いけど、多分、目の前で何が起こっているのかという視覚的な要素があった方が、多分、もっと楽しめるんじゃないかと思う。
音だけ聴いていると、何だか取り留めのないところも多いし。
それよりも、結構メンバーがしゃべるし、会場が盛り上がっているしで、どちらかと言うとライブの雰囲気を知ることができた方が面白いかもしれない。
そんな感じで、面白くはあるけど、やはり頻繁に聴くような感じでもない、といったところ。

久しぶりにこのアルバムのジャケットを開いてみたら、直筆のサインとメッセージが書いてあった。
そういえば、そうでした。
それから、このライブ盤シリーズ、Vol.4辺りまでリリースされるか、される予定だったような気がするのだけれど、ディスコグラフィーにはないので、2枚だけらしい。
結局リリースされなかったか、自分の勘違いか、どっちかです。
多分、勘違い。
Faustは、"You Know Faust"参照)以降、あんまり興味なくなっちゃったので、これでおしまいです。


ところで、全然関係ないですが、ジョアン・ジルベルト、やっぱり中止だそうですね。
とても残念だけど、多分、そうなるんじゃないかと予想もしていたので、驚きは少なかったですが。



77mmで。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/12/10 18:12] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪行った甲斐がありました | ホーム | 必然性はやっぱりそんなにないです≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1004-03c6d392
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。