スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
祭りっぽい
TOP ▲
Orquesta Nudge! Nudge! - Rhythm Chant

Orquesta Nudge! Nudge!
Rhythm Chant


もひとつついでに、という訳ではなくてたまたまだけど、諸事情によりCDを買い控えていたので聴きそびれていたのをやっと買いましたシリーズ(?)。
芳垣さん率いるOrquesta Nudge! Nudge!のセカンド・アルバム。
やっと買いました、とは言え、購入したのはAltered Statesのライブの時なので、もう1ヶ月近く経っているけれど。
そして、なぜか内橋さんのサイン入り。

いろいろなリズムが交錯したり、絡み合ったり、なのは打楽器集団ゆえ、変わりようのないスタイルだけど、ファースト・アルバム参照)よりも明るい印象。
ファーストが暗かったという訳ではないけど。
さらに、結局今年はこのグループのライブを1回しか見ることができず、その時にしか聴いていない曲がある。
で、それらがこのアルバムに収録されているけど、このアルバムを一度聴いて、あの時のあの曲、とすぐ分かるほど、印象に残りやすい曲ばかり。
複雑なこともやっているにも関わらず、良い意味でキャッチー。
ライナーを読むと、「うた」と「おどり」に焦点を、とあり、何となく納得。
明るく感じたのはこれかも。
そして、祭りっぽいと思った。

昨今、こういうリズムを中心とした音楽の場合、クラブ・ミュージックの線を狙っていたり、そうでなくともクラブ・ミュージックっぽいところで終わってしまったり、というのが多いような印象があって、それがダメだという訳でもなくて、好みの問題であったり、偏見でもあったりするのだけれど、このグループの場合、そうではないところが好きだし、素晴らしいなと思う。
でかい音で聴くも良し、イヤホンを耳に突っ込んだり、ヘッドホンで聴くも良し、だと思います。



明神池のちょっと手前。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/12/15 21:36] | Ethnic | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪今だったらどんな音? | ホーム | もっと早く聴いておけば良かったと思いました≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1007-dfa27d88
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。