スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
未整理が故の面白さ
TOP ▲
Westing (By Musket and Sextant)

Pavement
Westing (By Musket And Sextant)


予定通り、Pavementで。
ファースト・アルバム参照)とそう変わらない時期にリリースされた編集盤。
たしか、ファースト以前のシングルとか、その辺りの寄せ集めだったと思う。
調べてみるとイギリスでのリリースが92年で、アメリカでは93年らしい。
手持ちのCDには93年とあります。

ファースト以前ということで、やはり荒削りだし、未整理のまま寄せ集めた感はあり、多分、好みの分かれるところ。
検索してみたら、実際、もっと後の時期にファンになった人の中にはキツいと感じるという意見もあるらしく、それはそれで分かる気もする。
でも、当時、こういう音を普通に楽しんでいた者としては、かなり聴きやすい部類に入るし、違和感もまったくない。
荒削りで未整理であるが故の面白さがあると思う。

とは言っても、やっぱり完成度の点ではファースト・アルバムの方が上なのは当たり前。
ファーストに比べれば、それほど思い入れはないし、内容はあまり記憶になかった。
久しぶりに聴いて、一応、いろいろ思い出しながら楽しむことはできたけど。
最初から完成していた部分とそうでない部分といろいろあり、なかなか面白い寄せ集め。

そんな感じに、初期の音を楽しんでいたので、このアルバムをキツいと感じる人達とは正反対に、このバンドの音が洗練されるにつれ物足りなさを感じるようになって、興味がなくなってしまった。
その辺、今聴いたらどうだろうと自分でも知りたいので、近々聴いてみます。



動物園の続きです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/12/18 22:07] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪ちょっと混みすぎ | ホーム | いろいろとインパクトありました≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1010-8e312d4a
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。