スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ちょっと混みすぎ
TOP ▲
IMGP9863

与世山澄子
11/20/08 Dolphy - Yokohama, Kanagawa, Japan


南さんのライブ・スケジュールをチェックしていて、与世山さんとドルフィーでやることを知り、ここで聴いたら間違いなく良いだろうな、と思った。
なので、直前まで多少迷いつつ、行って来ました。
横浜まで。
メンバーは、南博、津上研太、鈴木正人、と7月に見た時と同じ布陣。
与世山さんというだけでなく、これもまたここで演奏を聴いてみたかった大きな理由。

で、週末だし、先週のGo There!の時よりは混むんだろうなと予想はしていたけど、予想以上の混み具合。
カウンターの中にまで客を入れるほど。
普段、ジャズ・ヴォーカルのライブを見に行くことがないため、改めてヴォーカル物の人気の高さを知った、ような気がする。
週末ということも大きいとは思うけど。

スタート。
まず、モンクの曲(だったと思うんだけど)から始まり、ヴォーカル抜きで3曲ほど。
与世山さんが登場してから、数えてなかったので忘れてしまったけど、4曲ほどだったと思う。
やや連携がスムースでなかったところやら、その場での曲順変更など、いろいろあったけど、それも含めて良い雰囲気。
何と言っても、ヴォーカルが加わってから、さらにノリがグンと良くなるところなど、素晴らしかった。
与世山さんを見るのはもう4回目にもなるので、聴き覚えのある曲もチラホラあるにも関わらず、相変わらず曲名分からず。
そんな、40分強のやや軽めのファースト・セット。

セカンド・セットもやはりヴォーカル抜きで数曲、与世山さんが加わってからは、何曲だったか全然憶えてないけど、1時間強ってところだったと思う。
"Interlude"(だったと思うんだけど)では、喉が乾燥して歌いづらそうな場面もあったけど、ファースト・セットよりもさらに迫力が。
"You've Got A Friend"では、おお、こんな曲も、と驚きつつ、聴いているうちに7月のライブでもやっていたなと思い出しながら、楽しむ。
さらに、その時はノリの良いお客が勝手にコーラス入れて面白いことになっていたことなども。
この後、"Left Alone"や"What A Wonderful World"など、さすがに自分でも曲と曲名が結びつく曲が。
特に"Left Alone"が、この日、一番印象に残った。

アンコール。
行方不明(?)の南さんを待たず、クリスマスが近いからということで"White Christmas"。
もちろん、南さんも途中から参加。
南さんや津上さんによる遊びも入りつつ、楽しく終了。

という訳で、思った通り、ドルフィーの柔らかい音に嵌っていて、素晴らしかったです。
ただ、見る側としては、もう少し場内に余裕があると嬉しかったけど。
また、ここで見ることができるでしょうか。

IMGP9761

IMGP9779

IMGP9798

IMGP9852




数日振りに明神池。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/12/22 13:59] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪最近聴き入っています | ホーム | 未整理が故の面白さ≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1011-a5abffe0
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。