スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ライブの方はともかくとして
TOP ▲
Crooked Rain, Crooked Rain: L.A.'s Desert Origins

Pavement
Crooked Rain, Crooked Rain


Pavementに戻りまして。
94年のセカンド・アルバム。
このバンドの作品中、多分、一番聴いたのがこれ。
最初に聴いた時に印象はあまり憶えてないけど、ファースト・アルバム参照)と比べると曲が分かりやすくなったなと感じたような気がする。

そんなこのアルバムを先日久しぶりに聴いてみたら、当時の感覚がいろいろと蘇って来て、他のアルバムも続けて聴いたりしていた。
それも与世山さんのライブを見に行ったり、J.J. ケール聴き入ったりしていたら、少々落ち着いて来ていたのだけれど、再び聴いてみたらやっぱり良いので、続けてファースト・アルバムに突入したところ。
そのくらい好きだったアルバムなので、かえって書くことも思いつかなかったりするのだけれど、敢えてということなら、以前と比べると少々力強くなり、楽曲の輪郭がはっきりしたな、という感じ。

そして、ついでに思い出されるのが来日公演。
はっきり憶えてないけど、たしかこのアルバムがリリースされた後だったような気が。
ただ、ライブは、それなりに楽しんだと思うけど、演奏のヘタクソさの方が目立って、アルバムほど気持ちが盛り上がらなかったような印象が残っている。
それと、最も生で見てみたかったドラマーのギャリー・ヤングが既に脱退していて、残念に思ったことははっきりと憶えている。

そんなライブの印象はともかくとして、好きなアルバムです。



明神池の続きです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/12/24 21:31] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪近々数えてみようかと思います | ホーム | 最近聴き入っています≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1013-ed8b2503
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。