スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ブラジルの人たちがやるとこんな感じ?
TOP ▲
Os Mutantes

Os Mutantes
Os Mutantes


前回に続き、友人宅で頂戴して来たCDシリーズ(?)です。

ブラジルのムタンチスというグループの68年作。
これが、ファースト・アルバムらしい。
60年代のトロピカリズモ運動に深く関わった、とか。
でも、その辺漠然としか知らなくて、このグループの名前はまったく知らなかった。
多分、自分が知らなかっただけで、知られているところでは凄く有名な人達だと思うんだけど。
で、調べてみると、結構根強い人気があるらしく、こういうファンサイトを見つけた。
参考になります。

一言で言ってしまうと、サイケ。
これ、ドノヴァンみたいだな、とか、どこかで聴いたことある箇所も少なくないけれど、でも、きっと欧米のバンド、アーティストだったらこうはならないよなあと思えるところもあり、なかなか面白いと思う。
自分の聴いて来た音楽の中で考えると、Gorky's Zygotic Mynciが近いかな、なんて考えながら聴いてみたり。
多分、どちらもサイケ色が強いのと英語ではないから、ちょっと響きに近いものを感じたのだと思う。
それから、上記のファンサイトには、ベックもこのバンドのファンだと書いてあった。
言われてみるとベックのあのいろんなものを詰め込んだ感じって、たしかにかなり近い。
もちろん、ここからの影響だけではないだろうけど、納得。

という訳で、今からもの凄くハマるという感じでもないけど、知らないところにもまだまだ面白いものがあるんだな、と思いました。



新島々へ戻りました。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/01/10 23:24] | Brasil/Latin | トラックバック(0) | コメント(5)
この記事のURL | TOP ▲
≪別に返答とかではないと思います | ホーム | 押し付けがましくないところが良し≫
コメント
ストレートに影響を受けても
こんにちわ。
凄くストレートに英米のロックの影響を受けているグループだと思います。
でもルーツが違いますよね。それからポルトガル語独特の響きが英語と違いますから結果的に彼らの特徴になっていると思います。
最近は滅多に聴きませんが、メロディも綺麗で好きなグループです。
[2009/01/11 01:28] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>fさん

やっぱりご存知でしたか。
お待ちしてました。(笑)
分かりやすいくらいのロックの影響と、元々のルーツが面白い感じで混ざってますよね。
[2009/01/11 08:14] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
実は10年位前に買ったやつを始め、3枚も持っとりやす。
ボンバレコードだったんで、廃盤が怖くてね(笑)

まあ、ドサイケですよね。
忙しない展開なので、通して聴くと妙な疲労感もあるけど、ひたすむさも強く感じられるところは好感が持てるなーと。
[2009/01/11 08:57] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
しまった!
こんにちわ。

しまった!
やっぱり罠かっ!(笑)
[2009/01/11 10:47] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>DT

ああ、やっぱ持ってるんだ。(笑)
なんか分からないけど、良いよね。



>fさん

>やっぱり罠かっ!

ウヘヘ。(笑)
[2009/01/11 12:40] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1024-44537d2c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。