スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
三者三様
TOP ▲
_IGP0764

林正樹(p)鈴木広志(sax)小林武文(per)
01/16/09 in F - Oizumigakuen, Tokyo, Japan


Sardine Headのドラマーでもある小林さんと一緒にシャバヒゲというユニットをやっている(だけじゃなくっていろんなところで活躍されているけど)林正樹さんの2人にサックスを加えてin Fに出演、と言うのが昨年11月(だったはず)にあった。
ただ、林さんにも興味があったので、見てみたいなと思ってはいたけど、結局行けず。
で、しばらくしたらまたすぐに同じメンバーで、同じin Fで演奏するというので、今度こそはと思って行ってみました。

通常通り(?)の2セット、それぞれ4、5曲で1時間弱、アンコール1曲。
小林さんの「空の階梯」(で良いのかな?)という曲に始まり、メンバー3人の曲を満遍なく演奏、と言う感じ。
これがまた、面白いくらいに特徴が表れていて、小林さんの曲は打楽器奏者らしくリズムに重点が置かれているし、林さんの曲はピアニストっぽくメロディアス、鈴木さんの曲はサックス奏者だなー、という感じ。
共通しているのは、リズム面で工夫が凝らしてあることで、一言、演奏するのが面倒そうな曲ばかり。
でも、3人とも、同じ目線の高さでやり合えることを楽しんでいる様子で、聴いているこちらとしても、楽しい。

林さんと鈴木さんは、どちらも初めて見たけれど、2人ともとても印象的な演奏だった。
小林さんは、シンプルながら変則的なドラム・セットで、Sardine Headの時とは全然違う面を見ることができたと思う。
で、林さんと鈴木さんが、下地にジャズが感じられるのに対して、小林さんが全然ジャズ・ドラマーっぽいアプローチではないので、組み合わせの妙と言うか、これがまた面白かった。

という訳で、当然、期待して足を運んだ訳だけど、期待以上に良いライブでした。
活動の継続を期待。
「素数夜曲」(で良いのかな?)、聴いてみたいです。

写真、小林さんのしかなくて、年末の時のを。



2日目、終了。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/01/17 13:38] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪長く続くといろいろあります | ホーム | 本物が目の前にいました≫
コメント
林さん、面白いでしょ
シャバヒゲ、久しく見てないなあ。
[2009/01/18 14:12] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

はい、林さん、面白いです。
この日は、シャバヒゲとは全然違う音だそうですが。
シャバヒゲ、2月に渋谷であるみたいですよ。
[2009/01/18 14:17] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1028-2f363e66
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。