スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
思っていたよりチープではなかったです
TOP ▲
Failure

The Posies
Failure


さかのぼって、ファースト・アルバムを。
87年から88年にかけてレコーディングされていて、リリースは89年らしい。
ジャケットのクレジットを読む限り。
と思ったら、最初な88年にカセットでリリースされたものだそうだ。
CD化が89年ってことか。

それはともかくとして、最初はあまり気に入らなかったサード・アルバム参照)の力強い音作りを最終的には気に入って愛聴するまでになり、じゃあ、他のアルバムは?ともって遡ったのがこれ。
セカンド・アルバムと、どっちを先に手に入れたかは忘れてしまったけど。

で、当時の印象。
サード・アルバムの力強い音に慣れてしまったせいか、凄くチープな音に聴こえ、結局繰り返し聴くには至らず。
曲も良いし、印象は悪くはなかった、どころか記憶としてはむしろ良いアルバムとして残ってもいたんだけど。

そんな訳で、内容については漠然としか覚えていなかったものの、久しぶりに聴いてみるとチープだと思っていた音が、思っていたほどチープではなくて、おそらく低予算の録音ではありながら、良くできているなと感じた。
演奏面での詰めの甘さだとか、微笑ましさだとか、そんなことを感じるところはあるけれど、メロディーのセンスは最初から良かったことは分かるし、曲もやっぱり良いし。
思い入れがないので、サード・アルバムほど感慨深く聴ける訳ではないし、今後ハマるとかってこともないと思うけど、まあ、安心して楽しめるかな、という感じ。

Beach Boysを聴いてからの流れとしては、悪くないです。

顔の隠れてないジャケットもあるらしい。

Failure



松本城の柱など。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/01/24 13:54] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪最後の3曲が良いです | ホーム | 凄い、凄い≫
コメント
顔の隠れてないジャケットは、2003年に出た15周年記念盤です。オリジナルの12曲+デモ等8曲、I May Hate You Sometimesのビデオクリップが入ったデジパックで、お得です。
[2009/01/25 21:34] URL | yas [ 編集] | TOP ▲
>yasさん

そういう内容なんですね。
さすが、その辺の事情にはお詳しい。(笑)
ありがとうございます~。
[2009/01/25 21:43] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1034-3edc0de5
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。