スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
今年も行きます
TOP ▲
Hiroshi Minami

Minami Hiroshi Go There!
01/29/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


先月の横浜以来、そして、今年初の南博Go There!へ。
もちろん、楽しみにしておりました。

セットリスト。

Set 1:
Taro Aso
Unknown Bossa
Barack Obama
Subprime
Window In The Sky

Set 2:
Serene
December(だったかな?)
白鍵と黒鍵の間に~プロローグ
Angie Dickinson
Peaceful Destruction

Encore:
??????

セカンド・セットの2曲目が"December"だったか、少しあやふや。
アンコールの曲は、素晴らしかったけど、分かりません。

新曲を馴染ませる期間なのか、新しめの曲4連発。
"Taro Aso"が、以前にも増して、凄かった。
冒頭でまず、引き込まれる。
"Unknown Bossa"は、前と違って聴こえたような気が。
そう言えば、MCでは"Unknown Samba"と紹介していたけど。
"Barack Obama"のハードボイルドさも、聴けば聴くほど良い感じに。
で、"Subprime"と来て、決めに"Window In The Sky"というのは素晴らしい流れだった。

セカンド・セットでは、お馴染み"Serene"から。
でも、ちょっとどこか噛み合ってない感じで、好きな曲なだけにちょっと残念だった。
その"Serene"が終わって、勝手に頭の中に流れたメロディーが"December"(で曲名が合ってればだけど)だったのだけれど、本当にその通りだったので、少し驚く。
そして、昨年、何回聴いただろう?という南さんの著作の朗読。
本も読んだし、何度も聴いているにも関わらず、不思議と面白い。
で、そこから続いて"Angie Dickinson"。
導入が格好良かった。
もちろん、曲自体も。
最後の締めに、やっぱり"Peaceful Destruction"。
終盤の竹野さんのソロが、わりと久しぶりに激しかったで嬉しかった。

アンコールは、南さんと水谷さんによるデュオ。
曲名が不明だけれど、これがとても素晴らしい演奏だった。
どこかで、このデュオでライブをやって欲しいと思ったほど。

という訳で、今年も極力見に行きたいと思います。



松本城、降りてきました。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/01/30 19:56] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪写真でごまかし気味に、スタート | ホーム | ダラダラ聴き流しましょう≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1038-19bf9938
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。