スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
買う気満々でしたが
TOP ▲
Taisei Aoki

Brassticks
02/09/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


昨年6月の芳垣4daysの4日目に見て以来、また見たいと思っていたBrassticksへ。
昨年の11月にもそのチャンスはあったけど、Sardiene Head&ナスノさんと重なってしまい、残念ながら見送り。
考えてみると、最初にBrassticksを見た時、やっぱりSardine Headと重なっていていて、Brassticksを選んだ、そう言えば。

内容は、ファースト・セット、セカンド・セットともに7曲ずつ、アンコールが1曲。
青木タイセイさんの曲と青木さんのアレンジによるモンクの曲を中心に、芳垣さんの曲も2曲。
トランペットが一人、最初に見た時とは変わっていた模様。

で、期待通り、とても良かった。
曲毎に入るMC込みで、独特な柔らかい感じで。
その柔らかいところをトランペットやドラムが鋭く切り込んだりだとか、いろいろな組み合わせで掛け合いのようなものがあったりだとか、飽きることがなく。
モンクの曲はどんなアレンジでもモンクだなあという感じだし、青木さんの曲も独自のムードがあって素晴らしい。
また、芳垣さんの2曲もやっぱり独自の色がある。
当たり前だけど。

大半の曲は、前回見た時にもやっていたと思うけど、より密になったような気がする。
金管とドラムだけという特殊(かな?)な編成のため、一般的なバンドの編成と比べるとどこか何かが足りないような音。
でも、その足りないところがとても魅力的。
言い方が悪いも知れないけど。

で、青木さんの曲がとても良いので、今回、青木さんのアルバムを買う気満々だったのだけれど、持ってくるの忘れた、とのこと...。
たしか、前にもそんなことを言ってたような気が。
そのうち、どこかで買います。

という訳で、楽しいライブでした。



なぜか投稿がうまく行かないので休み。
back-woods song
[2009/02/10 20:58] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪まず、これ | ホーム | 短いけど、好きなんですよ≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1047-a8822c41
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。