スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ここからが問題です
TOP ▲
Emperor Tomato Ketchup

Stereolab
Emperor Tomato Ketchup


続いて、ジョン・マッケンタイアがプロデュースした96年作。
たしか、このアルバムの頃に来日もして、人気も飛躍的にあがったような覚えが。
某所のレビューを見ると、最高傑作なんて言葉も見受けられるし、評価の高いアルバムでもあるらしい。
あんまり気にしてなかったけど。

というのも、このアルバム、当時はあまり好きになれなかった。
聴いていて嫌だというほどではないし、嫌いとまでは言い切れないんだけど、何となく馴染めないところがあって。
それには、来日してライブを見たことが関係していて、そのライブで聴いたこのアルバムの1曲目が、そのライブではあまり格好良くなかったから。
また、ライブ全体に関しても、期待していたのとちょっと違った感じだったからというのもあった。
今思えば、自分が期待していたのはノイジーな音で、このアルバムではそういう面はかなり押さえられているからそれも当然で、演奏が悪かったとかではなく、自分の期待と合わなかっただけ、ということではあるけれど。
でも、ライブを見て以来、このアルバムと、このバンド自体にも興味が薄れていったのはたしか。

で、久しぶりに聴いてみたら。
思っていたよりも内容を覚えていてちょっと驚いた。
よくよく考えてみると、馴染めないながらもなんとか馴染もうと、それなりに聴き返していたことを思い出した。
これ以前にはなかった変化(特にリズム面で)もあるし、これまで通りの路線もあるし、いろいろ混在していて、個人的には結構過渡的なものに聴こえるけど、過渡的であることが悪い訳でもないし、たしかに完成度は高いかも。

本当は、これはつまらん、という感じで締めようかと思っていたけど、聴いてみたら思いの外、楽しめてしまって、ちょっと拍子抜け。
やっぱり自分としては、これ以前の作品の方が好きではあるけど、これはこれで悪くないです。
いや、なかなか良いと思いました。



クジャクが再び。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/02/18 22:10] | Rock | トラックバック(1) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪そして、ここまで | ホーム | そう言えばこんなのも≫
コメント
お久しぶりです!chitlin改め北沢オーストラリアと申します。今後もよろしくお願いいたします!

私の場合、これが相変わらずの最高傑作であったりします。装飾過剰なのかも知れませんが創造的にもピークに乗り上げた時期だったのでは感じていますよ。

ライヴを観たのは次作の時でしたので、このアルバムの際の来日公演を体験なさったなんて羨ましいです。
[2009/10/12 01:48] URL | 北沢オーストラリア [ 編集] | TOP ▲
>北沢オーストラリアさん

どうもです。
改名はちゃんと存じておりますよ。(笑)
おめでとうございます。(?)

単純に好みの問題というのがありまして、どうも好きになれなかったイメージが残ってましてねえ。
聴く時に選択することはとても少ないのはたしかです。
ただ、完成度は高いですね。
仰る通り、ひとつのピークであったことは間違いないと思います。
[2009/10/12 08:10] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1052-bb211df1
Stereolab / Emperor Tomato Ketchup (1996)
今月のStereolabは『Emperor Tomato Ketchup』(1996)ですよ。 このアルバム1枚で世界的な人気を一気に博した、はずです。 それでも、そんなこととは無関... ぶっとばすぜハイウェイ[2009/10/12 01:41]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。