スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
怪人から目が離せず
TOP ▲
_IGP3892

坂田明×芳垣安洋 Birthday Special
02/21/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


昨年に続いて、この日誕生日を迎えるお2人のスペシャル・セッションということで、ゲスト陣が昨年とは全然違うし、やっぱり面白そうなので行ってみました。

ファースト・セット。
まず、坂田さんと芳垣さんに藤原大輔さんというトリオで。
なんと藤原さんも誕生日が同じということで、2月21日生まれがステージ上に3人。
昨年見た芳垣さんとのデュオの時と同じく、どちらかと言えば音数少なめにジワリジワリとフレーズを重ねていく藤原さんに対し、ブリブリ吹きまくる坂田さん。
テナーとアルトということもあり、なかなか面白いコントラストだった。
ジワジワと盛り上がるフリー・ジャズ。

続いて、藤原さんに代わり、ベースの鈴木正人さんが参加のトリオ。
鈴木さんはここ1年ほど、主に南さんのトリオで見る機会が増えたけど、こういう場では多分初めて。
フリーというイメージは全くないし。
そして、坂田さんはクラリネットを演奏。
最初の演奏と比べると静かな雰囲気。
でも、抑えた激しさというか、静かなだけではなく。
聴いていてやや乗り切れないところもあったけれど、興味深い演奏だった。

で、このセットの最後。
鈴木さんに代わり、チェロの坂本弘道さんが加わる。
坂本さんは、以前に台風の中、酒井俊さんを見に行った時以来、だと思う、多分。
坂田さんと芳垣さんがしゃべっている最中、黙々と鉛筆に付いた消しゴムの部分でチェロのボディーをゴシゴシ擦り付け、その音にエフェクトをかけ、一人演奏を開始している坂本さん。
その他、鉛筆削りをグリグリまわしたり、気付くと足のつま先で、最近使っている方を良く見かけるパッドの付いた黄色い四角い小さい機材(すいません、名前忘れました)を操作していたり、アナログとデジタル問わず、いろいろな方法でいろいろな音を出す怪人ぶり。
前半、坂田さんがピアノを弾く場面もあり、やや音を抑えた展開から、最終的にはやはりというべきか煽りまくりの激しい展開。
その間、坂本さんの怪人ぶりから目が離せず。
ファースト・セットでは、やっぱりこの演奏が一番凄かった。

そして、休憩後、セカンド・セット。
坂田さん、芳垣さん、鈴木さんの3人に谷川賢作さんという方がピアノで加わる。
谷川俊太郎さんの息子さんだとか。
その谷川俊太郎さんの詩に息子の賢作さんが曲を付けたという曲(レコーディング時のドラムを担当したのは芳垣さんだったとか)を演奏。
歌(わされたの)は、谷川さん。
酒の勢いも手伝ってか、ちょっとくだけた感じのブルース。
昨年にはなかった感じだし、予想外の展開。
でも、こういう場だし、これはこれでなかなか面白い。

次に、そこに坂本さんが加わり、さらにスペシャル・ゲストということで小室等さんが登場。
これにはビックリ。
そこで谷川俊太郎作詞、武満徹作曲の「死んだ男の残したものは」(だっけ?)を演奏。
前半、小室さんが歌い、後半、坂田さんが歌う。
小室さん、伸びやかな声で、さすがうまい(当たり前)。
坂田さん、がなるような声で、まさに対象的。
坂本さんは、ここでもさりげなく怪人ぶりを発揮していて、面白い。
これもまた、意外な展開。
でも、積極的に聴いているような音ではないので、こういう機会でもなければ接することもあまりないから、面白かった。

そして、小室さんと谷川さんが抜け、藤原さんが加わり、さらに先ほどまでサントリー・ホールでマーラーの7番を演奏していたというクラリネット奏者の方が(ほぼ無理矢理)ステージに呼ばれる。
調べてみると、東京交響楽団の十亀正司さんという方らしい。
何でも良いから吹け、という坂田さんの指示のもと、渋々(?)吹き始める十亀さん。
滑らかでとても澄んだ音。
そこに全くタイプの違う音色の坂田さんのクラリネットが絡み、周りのメンバーが徐々に肉付け。
気付けば、テナー、ベース、ドラムがグルーヴィーな方向に展開させていて、その間もちろん坂本さんは遺憾なく怪人ぶりを発揮、というかなり面白いことに。
途中、坂田さんの頭の上あたりから火花が散り始め、てっきり坂田さんが噴火したのかと思った(ウソです)ら、よく見えなかったけど、どうやら坂本さんがチェロのスタンドの部分を電動グラインダーでゴリゴリやってたらしい。
鈴木さん、気の毒に火花をかぶって熱そうだった。
それは、まあともかく、演奏の方は、本編最後にふさわしく、凄かった。

で、アンコール。
昨年同様、坂田さんと芳垣さんの2人で、と思ったら、坂田さんの「皆、いらっしゃい」の一言で、藤原さん、鈴木さん、坂本さんの3人が加わることに。
静かで、大らかな、でも、フリーな演奏。
締めにふさわしい感じ。

最初に発表になった時には、坂田さん、芳垣さん、藤原さん、鈴木さんの4人だけだったので、実はカルテットで2セット、というのを期待していて、それで行ってみようと思ったのだけれど、蓋を開けてみればご覧の通り、という感じだった。
でも、普段、あまり馴染みのない方の演奏や歌も聴け、たまにはこういうのも面白いなということで、楽しむことができたと思う。
期待通りのところでは、充分すぎるほど凄かったし。
という訳で、楽しかったです。



脈略もなく、明治神宮。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/02/22 21:27] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪よかったよかった | ホーム | でも、ついでにもうひとつ≫
コメント
ほー
谷川賢作さんまで出ましたか。
数枚アルバム持ってますよ。DIVAっていうバンドとかピアノソロとか。
坂本さんと谷川さんっていうのは結びつかないですけどね。
[2009/02/23 23:45] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

はい、谷川さんでした。
失礼ながら、初めて知ったのですが。
坂本さんと谷川さん、となると意外性と言いますか、やっぱりこういうライブならではの組み合わせでしょうか。
違和感ありあり。(笑)

ちなみにクラリネットの十亀さんって、はにわオールスターズにも参加していた方だとか。
[2009/02/23 23:50] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1055-88847c2c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。