スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
やっぱりいつもの人達も
TOP ▲
Altered States

Altered States
03/02/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


昨年の3days(ここここここ)以来、3ヶ月とちょっと振りのAltered States。
もっと見たい気もするけれど、このくらいの感覚が見る方にとっては(もしかしたら、やる方にとっても?)良いのかも。

ファースト・セットは、長めに、延々と続くのでこのまま行くのかと思いきや、30分ほどで一区切り。
グワッと盛り上がったと思えばいきなり流れが寸断されたり、予想できない展開なのはいつも通り。
途中、あてもなくさまよう感じで中だるみなところは少々あったかも。
次に10分ほどと短めに(普通なら充分な長さ?)1曲。
今度は、どこか90年代に良く聴いていたようなノイズ混じりのギターやらポスト・ロックなんかを感じさせるような展開。
ナスノさんのベースに注目。
そこからやっぱり流れを寸断するかのように、いきなり静かになり、いきなり終了。
緩急つけるとか、そんな感じでもなく、いきなり。
以上、プログレ・セット(?)。

セカンド・セットは、まず、10分ほどで一区切り。
このまま、短めに区切っていくのかと思いきや、次は長めにやっぱり30分ほど。
ファーストとは逆のパターン。
何となくセカンド・セットの方が流れがスムーズだったような気が。
それと、ナスノさんのベースの鳴る位置やフレーズが以前とは少しずつ変わっているような気も。
この辺の変化も、やはり面白い。

アンコールは、恒例(?)リクエスト。
紆余曲折あり、「春」に落ち着く。
相変わらず、「どこが?」という感じではあるけれど、これは面白かった。
本編にこういう感じがあっても良かった気がする。
アンコールとしては、やや長めに10分弱ってところ、だったと思う。

全体的にコンパクトなのは、昨年から引き続き、という感じだったけど、昨年のゴリゴリ行く感じとは少し雰囲気が違ったと思う。
例えば、内橋さんが切れたフレーズを連発しても、芳垣さんとナスノさんが冷静に抑えた感じだったり。
今回、たまたまそうだっただけかも知れないけど、ここ数年見続けてきて、傾向が毎年変わるのが面白い。

そんな感じで、次回もやっぱり見に行かねば、と思う訳です。



明治神宮の続きです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/03/03 11:50] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪こっちのいつも人達も | ホーム | たまには違う人達も≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1061-5b0c05c4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。