スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
今はちょっと待ってください
TOP ▲
_IGP4491

Off The Wall -The Spirit Of Pink Floyd-

このライブのことを知った時、Pink Floydは好きなので、それなりに興味は持った。
でもこういうのはどうかな?という気持ちもあって、それとチケットの値段(8800円)を天秤で量ると、どう考えても面白そうだから試しに見てみるか、という感じでもなかったので行かないことに。
と、思っていたらひょんなことからお誘いいただいて、結局見に行くことに。
感謝。
ちなみに、本物の方を21年前の88年に体験してます。
武道館と代々木オリンピックプール。
チケットは、たしか7000円だったはず。
今、もし同規模でのライブが実現するとしたら(まず無理でしょうけど)、一体いくらになるんでしょうか。

以下、感じたことを箇条書き。
何となく。

○ロビーに到着すると、King Crimsonの"21st Century Schizoid Man"が流れてて、そのひねりの無さにちょっと萎える。(曲そのものは好きですけど)

○開演時間直前になっても、空席がかなり目立つ。会場選び、間違ってるんじゃ?(余計なお世話ですね)

○開演を迎えても、何となく緊張感なし。普段のライブのようなドキドキする感じもなし。

○演奏の方は、腕のいいミュージシャンが集まっているようなので、取り立てて問題なし。その代わり、そつもないけど。本家のような独特なタメというか、間を求めるのは無理な話ですね。

○背景の映像が微妙にチープ。本家公認だけあって、シド・バレットの写真や映像が使われていたりもしたけれど、CGの類いが...。特に1曲目の"One Of These Days"の途中、あの怪獣みたいなやつ、いりますか?

○照明、確かに凝ってはいたけど、宣伝ほどでもないような...。もちろん、あれだけでも大変な労力なのは間違いないし、多くは求めませんが...。

○"Money"なんかいいから(という訳にも行かないでしょうけど)、"Echos"をフルコーラスやんなさいよ。

○"Wish You Were Here"、聴きたかったのでやってくれたのは嬉しいんだけど、ヴォーカルの人がモニターの上に座って歌ったりとか、妙にこなれた感じがちょっと嫌。

○まったく持って私事ですが、実は"The Wall"を聴いてなかったりするので、そこから選曲された曲に入り込めず。すいません。

という訳で、列挙してみると文句ばっかりのようですが、全然楽しめなかったということでもなくて、好きな曲に関してはでかい音で聴けたのがそれなりに嬉しかったし、こういう世界もあるんだなといろいろ面白く感じるところもあった。
でも、ライブを見た、というよりは、どちらかと言えば、芝居や何らかのエンターテイメントのショーを見たような後味。
例えば、メンバーが登場するところでの、ちょっとした演出など、どこか役割を「演じている」ような気がしたし。
多分、そういうことなんでしょう。
ただ、あんまり自分には向いてなかった、という良くも悪くも、予想通りなものだったと思う。

で、帰ってから調べたら、"The Wall"のリリースから30年を記念してというコンセプトでもあったようで、なおさら自分には向いてないようでした。
でも、いっそのこと、"The Dark Side Of The Moon"丸ごと、とかの方が良かったかもよ、と性懲りも無く思います。

結論。
いい加減、Pink FloydのCDを買いなさいよ。
でも、今はちょっと待ってください。(独り言)



猿とキジ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/03/14 16:58] | Live | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪この貫禄 | ホーム | やめられません≫
コメント
はずれたんです
これ、朝日新聞のチケットプレゼントにありまして応募したんですがはずれまして。半額とかで入れますよ、っていう葉書来たんですが。やめました。
誰が演奏するのかまったくわからないし。
行ったら行ったでおもしろかったのかなとは思ってましたけれどね。
[2009/03/14 18:13] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

外れましたか~。
半額で入れるというなら、最初から...、ねえ。(笑)
個人的には、おすすめ、って感じじゃないですが、見たら見たで面白いかもしれませんね。
[2009/03/14 18:25] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
笑ってしまいました。
pioさんのコメントに。
僕はぜんぜんどんなライヴか知らないのですが、「わかる、わかる」とニヤっとしてしまいました。
そういえば、Gov't Muleの故アレン・ウッディがBlue Floydというフロイド・トリビュート・バンドをやっていましたね。
それをちょろっと思い出し、また聴きたくなりました。

まさか『狂気』もアルバム持ってないということはないですよね。
あれ? ひょっとしてそれも……。
[2009/03/14 20:24] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

笑っていただければ幸いです。(笑)

>Blue Floydというフロイド・トリビュート・バンド

そうなんですか?
Muleとか、ちょっと疎いもので知りませんでした。
今回のは、そういった、自分の好きなミュージシャンが、普段はあんなことをやっているのにこんなことやっちゃってる、という面白さがまったくないんですよね。
一応、フロイド好きなミュージシャンが中心らしいんですけど。

>『狂気』

いや、この辺を熱心に聴いていたのって、CDではなくてアナログを買ってた10代の頃なんです。
だから、アナログは持ってますよ。
CDで買い直したいなとずっと思ってて、そのままになってます。
[2009/03/14 20:38] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
さて、語り合いましょうか、なんちゃって(笑)。

pioさんや1046さんの微妙なニュアンスのおかげで、自分的には結果オーライでした。
過剰な期待は禁物、ですね。

これ半額だったら十分に楽しめるライブだったと思いますよ。
[2009/03/15 23:17] URL | オイラ星人 [ 編集] | TOP ▲
>オイラちゃん

そう、結果オーライね。
それまた微妙な。(笑)

半額かあ。
俺、半額でもダメだな。
そんなこと言える立場じゃないですけど。(笑)
[2009/03/15 23:36] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1070-eb20b5ed
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。