スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
この貫禄
TOP ▲
The Sun Rises in the East

Jeru The Damaja
The Sun Rises In The East


ちょっと間が空きましたが、久しぶりにGang Starr絡みに戻りまして。

Gang Starrを中心としたGang Starr Foudationで真っ先に思い浮かべるのがこの人(その後、抜けちゃったけど)。
そのジェルーの94年のファースト・アルバム。
このアルバムは雑誌なんかでもやたらと評価が高く、アーティストからの支持も高かった、はず。
なので、当然興味を持ち聴いてみた訳だけれど、何がどう凄いのか、どのように衝撃的なのかが当時の自分にはよく分からず。
その後一応、何となく独特な異様な感じが少しずつ分かるようにはなったけれど、結局その程度で終わる。
この感じ、Gang Starrの"Hard To Earn"参照)に近い。
でも、このアルバムの方がもっと分からなかった、と思う。

で、最近になって改めて聴いてみて、やっと良さが分かった、ような気がする。
まあ、分かってんのか、分かってないのか、とりあえずそれは横へ置いといて、これがやたらと格好良い。
少なくともそう思えるようになったらしい。
やっぱりこの頃のプレミアの作るトラックは、鋭いし、深いし。
そして、それに負けないジェルーの存在感。
何なんでしょう、この人のこの貫禄、という感じだろうか。
アルバム1枚が、必要以上に長くない(むしろCD時代としては短い)、と言うのもポイントが高いと思う。

そんな訳で(?)、普通に楽しめるようになって良かったな、という話です。
この感じも、"Hard To Earn"に近い。



今日は、休んどきます。
back-woods song
[2009/03/15 22:04] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪この余裕 | ホーム | 今はちょっと待ってください≫
コメント
これも名盤ですよね。
Come Cleanのオケだけ2枚使いでつないで、
スチャダラパーがライブで今夜はブギーバックを演ってました。
オケ差し替えて。
[2009/03/16 01:40] URL | エノモト [ 編集] | TOP ▲
>エノさん

名盤です。
そんなブギーバック聴いてみたいなあ。
やっぱりスチャダラ、侮れません。
[2009/03/16 07:56] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1071-35fde619
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。