スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
この余裕
TOP ▲
Wrath of the Math

Jeru The Damaja
Wrath Of The Math


続いて、ジェルーの96年のセカンド・アルバム。
ファースト・アルバム参照)とどっちを先に聴いたかあんまり憶えていない。
でも、多分、リリース順に聴いた、と思う。
とりあえず、どっちが先かってことは置いといて、前回書いた通り、ファーストの方はなかなか良さが分からなくて入り込めずにいたのだのだけれど、このアルバムは比較的分かりやすく、こっちのアルバムを聴くことが多かった。
分かりやすいとは言っても、比較的、ってことで、素直に楽しめるようになるまで少し時間が掛かったような憶えもあるけど。

改めて聴いてみると、以前それなりに好きだったものなので、特に違和感がある訳も無く。
ファーストと比べると、ちょっと風通しの良い感じ。
プレミアの変化がそのまま反映されているのは当たり前。
そんな感じで、やっぱり以前好きだったものなので、あんまり新たな感想も思い付かず。
ただ、冷静に聴いてみるとファーストの方がインパクトがあるな、と思う。
多分、それぞれのリリース当時もそうだったんじゃないだろうか。
そんな感じです。

で、この後、いつの間にやらGang Starrの元を離れ、セルフ・プロデュースで次のアルバムをリリースしたってところまでは把握していた。
一応、聴いてみたいなと思ってはいたものの、いつの間にやらすっかり視界から外れてしまい、結局聴かないまま。
調べてみると、もう2枚ほどリリースしていることが分かった。
でも、今はいいかな...。



昨日撮った春っぽいやつ、など。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/03/16 18:40] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪入りっぱなし? | ホーム | この貫禄≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1072-06ed711a
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。