スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
前哨戦
TOP ▲
Steve Kimock & Friends

Steve Kimock & Friends
03/07,08/09 The NorVa - Norfolk, VA


まだ、Gang Starr絡みが少しあるのですが、最近聴いているこんなのを挟んでみます。

そろそろSteve Kimock Crazy Engineという名前でようやく動き出すらしいキモックのライブ音源。
3月7日と8日の2日間行われ、両日ともチャーリー・ミラー録音の音源が無料で配布されてるよ、と友人が教えてくれたので、さっそくダウンロード。
昨年は、パーマネントのバンドでの活動が無かったので、あまり熱心に追いかけてなかったけど、これは期待していたので。

音源は、これ。
念のため。

03/07/09
03/08/09

ずっと無料なのか分かりませんけど。

メンバーをチェックしてみると、メルヴィン・シールズのキーボードにキモックの息子、ジョン・モーガンのドラム、後はベースに女性コーラスが2人。
で、これがそのままCrazy Engineのメンバーになる模様。
なるほど。

なので、かなり演奏のまとまりが良く、期待以上に良い内容だった。
中でも、ジョン・モーガンのドラムの成長が著し、以前よりはかなり安定感が増したような気がする。
シンプルにリズムをキープすることに専念して、小難しいことはやってない(もしかすると、やらせてもらってないのかも知れない?)けど、なかなか良い感じ。
メルヴィン・シールズは、さすがの貫禄。
そして、女性コーラスが新鮮。
SKBの時のような高揚感とは違うけれど、ゆったりした中に時々走る緊張感が心地よく、ロドニー・ホームスのドカドカ手数の多いドラムが苦手という向きには受けが良いかも(個人的には、それも聴きたいけど)。
1曲だけキモックが歌っちゃってるのは...、ノー・コメントでお願いします。

今のところ、3月の終わりから5月の頭まで日程が発表になっているようなので、期待したいところ。

余談。
この音源を教えてくれた友人の話では、Phishが復活ライブを行ったハンプトンから、近いのか遠いのか、全然位置関係とか分かりませんが、少なくとも同じ週なので、Phishのメンバーの誰かがこのライブに現れるんじゃないかという噂があったとか、なかったとか。
でも、実現しなかったみたいです。



蝶です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/03/19 21:53] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪ますます面白くなってきました | ホーム | 怒りっぱなし?≫
コメント
これ、僕もmixiで副管理人やってるところで知りました。
僕は手数の多いロドニーが好きなんですよね(偶然にも今ロドニーのソロアルバム聴いています)。

ロドニーにハイ・トーン・ヴォイスでPOLICEやRUSHの曲などたまに歌うけど、キモックはね……。
ちなみに2005-03-19のショーでキモック先生、レス・マッキャンの歌を唄ってます。
[2009/03/20 00:30] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

自分もロドニーは好きですよ。
ちょっと前までは、やっぱりロドニーでなきゃ、と思ってました。
でも、最近そうでもなくなってきまして、ゆったりしたのも良いな、と。

>レス・マッキャンの歌

"Compared To What"ですね?
それをきっかけに、オリジナルの方も買いました。
この曲だと、歌というより語りみたいなんで、それはそれなりにハマってたような気がします。
でも、今回のは...。(笑)
[2009/03/20 07:09] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1075-1e89970b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。