スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
プロです
TOP ▲
花と水

菊池成孔 & 南博
03/28/09 Tokyo Midtown, Canopy Square - Roppongi, Tokyo, Japan


とある方から教えてもらい、無料だというのでいそいそと六本木まで。
情報、感謝です。
菊地さんと南さんのデュオ・アルバム「花と水」のリリースを記念して、ということで。

なので、当然選曲は同アルバムから。

Flowers And Water: Improvisation
Blue In Green
Orange Was The Color Of Her Dress, Then Blue Silk
Concert For Cembalo No.5 In F Minor BWV.1056 2nd Mov.: Largo

まだ、この時点ではアルバムを聴いてなかったので、会場で流れる音楽を聴きながら、これが多分そうなんだなと思いながら、待つ。
と、いきなり音の割れたでかい音(雰囲気、やや壊れる)で、FM曲のテーマ曲なのかジングルなのか、そんな感じのが流れて、いかにもFMのパーソナリティな感じのしゃべり方の女性が司会として登場。
何で最初の方、英語なんだか、よく分かりません。

一通りの紹介があった後、お二人が登場し、気を取り直す。
ステージ上、とても寒そう。
もちろん、見ている方も寒かった。
菊地さんはソプラノ。
菊地さんのソプラノって初めて聴いたかも。
とにかく、サックスにしてもピアノにしても(まあ、その他どんな楽器でも)、寒いと指つらいんじゃないかと思うんだけど、そんなことを感じさせない演奏。
サックスとピアノの調和が見事。
3曲目のミンガスの曲、格好良かった。
続いてのバッハの曲が、他の曲に比べると分かりやすいというか、親しみやすいというか、うまく言えないけど、ジャズの人が作った曲とは違っていて、でも、違和感なく並んでいるのが面白かった。

どう見ても、お二人とも、昼間でしかも野外というシチュエーションが似合わなかったように思うけど、こういう開放的な空間で聴く南さんのピアノも良いものです。
でも、本当はPAを通した音じゃなくて、生音で聴きたいけど。
4曲と少なめだったのが残念だけど、まあ、こういうイベントなので。
無料だし。
行った甲斐はありました。
ビルボードでのライブ、見たいけど、いろいろあって迷い中。

という訳で、アルバムを購入。
また、改めて。



で、夜ですが、場所は変わって新大久保に友人のAC/DCのコピー・バンドを見に。
この落差。(失礼)
でも、こっちも面白かった。
コピー・バンドは、こうでなければ。(?)

_IGP4983

その他の写真

お疲れさまでした。



久しぶりのベロフレックス。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/03/29 20:59] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪いてもいいけど、いない方がいいかも | ホーム | この後、化けます≫
コメント
新大久保の写真,どれもすごくかっこよく撮れてますね。
演奏も,お客さんの顔ぶれも楽しかっただろうなと想像します。参加したかったなぁ。
[2009/03/30 10:27] URL | まゆ [ 編集] | TOP ▲
>まゆさん

顔ぶれからすると、ほとんどサーディンを見に行ったような感覚。(笑)
たまにはこういうのも楽しいなと思いました。
[2009/03/30 10:37] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1082-435d5cd9
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。