スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
表現するってこういうこと
TOP ▲
花と水

菊池成孔 / 南博
花と水 / Flowers And Water


ありそうでなかったこの2人によるデュオ・アルバムがリリースされるということでとても楽しみにしてました。
で、先日の六本木での演奏
イベントだから、演奏曲数が少なかったり、まあ、音響面では....、ということもあったけれど、演奏そのものは素晴らしいもので、終了後、アルバム購入。
元々そのつもりでもいたし。

そして、聴いてみると。
六本木での演奏は、とても素晴らしくて楽しんだけれど、もしかするとこのアルバムに入り込むには少し時間を要するかな?と言うのも素直な感想だった。
でも、そんなことは全然なくて、1度聴いただけで、即ハマることに。

両者の呼吸、距離感、間合いが絶妙。
菊池さんは、南さんのピアノの引き立て方を心得ているし、逆もまた然り。
菊池さんは演奏に参加していないけれど、菊池さんプロデュースによる南さんの"Touches & Velvets""Elegy"の2作品に近い感触もあり。
選曲と配置も良くて、中盤あたりのミンガスの曲が良いアクセントで格好良いです。

そんな感じで、ただいまへヴィー・ローテーション中。
表現するってこういうことなんですね、と思わせてくれる1枚。



今日は休みましょう。
back-woods song
[2009/04/05 23:25] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪渾身 | ホーム | 今のところ3枚で足りそう≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1087-3a5b07aa
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。