スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
気付くの遅い
TOP ▲
SEGUNDO PUENTE

Anima Mundi "Vazquez-Yoshigaki Project"
Segundo Puete


さらについでに、って訳でもないけど、今年に入ってから買ったものをもう一つ。
最初のアルバム参照)と同じく2007年、その最初のアルバムの約半年後にリリースされたこのアルバム。
ずっと聴きそびれていてようやく聴いた最初のアルバムが素晴らしかったので、こっちもすぐに聴こうと思いつつ、またもや聴きそびれてしまって気付いたら1年近くも経ってしまった。

で、2日間行われたセッションを2枚のアルバムに分けたということだし、メンバーも一緒なので、傾向としては同じ。
そういう意味では、最初に聴いた時のインパクトや驚きは、最初のアルバムの方が上だった。
だから、このアルバムを聴いて、やっぱり良いね~、とは思ったけど、それほど聴き込むには至らず。

で、改めてじっくりと聴いてみて、同じ傾向ながら、2枚の色分けがきちんとなされているところに気付き、改めて感じ入っているところ。
もちろん、そうでなければ2枚に分ける意味ないし、気付くの遅い。
パッと聴いた感じで、分かりやすいところでは前作では存在感の大きかった内橋さんのギターが前に出ているところがない。
チェックしてみると、内橋さんが参加しているのは2曲だけでダグソフォンも使っているし、それも当然。
気付くの遅い。
それと、ピアノが印象的。
リズムが濃厚なのは共通項。
その他にもいろいろあるはずなんだけど、まだ2枚のアルバムを細かく聴き比べるには至っておらず。
これからいろいろ発見したいと思っているところ。

生で見る機会はあるでしょうか。



横浜です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/04/08 20:27] | Ethnic | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪この間のが面白かったので | ホーム | 渾身≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1089-b0eb73e0
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。