スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
期待以上
TOP ▲
Once Blue

Once Blue
Once Blue


ジェシー・ハリスがレベッカ・マーティンという女性ヴォーカリストと以前組んでいたというOnce Blueの95年のアルバム。
つい最近まで、そんなグループがあったことすら知らなかったのだが。
普段、女性ヴォーカルものを聴くことが少なく、持っているCDやレコードの中の割合もかなり少ないんじゃないかと思う。
別に嫌いな訳ではないんだけど、ストレートに歌がうまいヴォーカルほど引っかかりがなくて、どうにも触手を伸ばす機会が少なくなってしまう。
だから、ノラ・ジョーンズを気に入っているというのは、自分にとってはかなり珍しいことなのだ。

そんなこともあって、このアルバムへは期待もあったと同時に、悪くはないけどそんなに聴かないかな、くらいの感じになることも覚悟していたのだが、これが期待以上に素晴らしい内容。
10年前のジェシー・ハリスがどんなことをやっていたのか、とても興味があったのだが、その後の自身のアルバムとは多少カラーは違うものの、もうすでにこの時点で出来上がっている。
ヴォーカルに関して言えば、この人のこの声と歌でなければダメだというほどの個性はないが、ちょっとハスキーな声は悪くない。
そして、バックの演奏がまた素晴らしく、自分にはあまり馴染みのない人達なのだけれど、ニューヨーク人脈の結構すごいミュージシャンが参加している模様。
常にアップライト・ベースの音が中心にいる感じが好みだ。

ノラ・ジョーンズが売れて、ジェシー・ハリスにも注目が集まった頃、日本でもこのアルバムは再発されていたようで、しかもお蔵入りになったという、この次のアルバムから9曲のボーナストラックが追加されているらしい。
でも、CCCD。
アメリカのアマゾンでは中古盤やカット盤が1ドル以下で売られていて、これもほとんど送料だけで買った。
まあ、こちらとしては安く買えるのは嬉しいことだけど、埋もれていてはもったいない作品だと思う。
できれば、お蔵入りになったというアルバムも出して欲しい。
もちろん、CCCDじゃなくて。


[2005/12/17 00:46] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪爆音にまみれよう | ホーム | マイルスはマイルス≫
コメント
そうなのかー!
俺も早く買わなきゃだ!
これでジェシーも完全に信用できるアーティストである事がわかったね。
[2005/12/18 22:49] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

このアルバム、安心して聴けるよ。
ジェシー・ハリスは、どのアルバムを聴いても安定していて、爆発的に売れることはないかもしれないけど、ずっと良い作品を作り続けてくれると思う。
来年4月には、単独来日があるみたいなんで、ぜひ見たい。
[2005/12/18 23:02] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/109-45fa0fb8
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。