スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
この間のが面白かったので
TOP ▲
Flight for the 21st

林正樹(p)鈴木広志(sax)小林武文(per)
04/09/09 in F - Oizumigakuen, Tokyo, Japan


表題の通り、1月に見たライブが面白かったので、また行ってみました。
同じく、in F。

やはり3人がそれぞれ書いた曲を持ち寄って、な内容で、三者三様、それぞれに特徴があって、どれも違った印象なんだけど、決して散漫にならず。
前回にも聴いた曲は、自分で思っていたよりも憶えていて、印象に残りやすい曲が多いことも再認識。
さらに、それぞれの特徴も前回より分かって来た、ような気がする。
ますます面白かった。

2曲目の途中で、鬼怒無月さんが客として現れ、そこから妙な緊張感が生まれたような気が。
時々、鬼怒さんの様子を伺っている感じの林さんの姿が可笑しい。
もしかして?と期待したけど、ギターをお持ちでないとのことで、残念ながらゲスト参加はならず。
惜しい。
1曲目とアンコールにやったのが小林さんの曲。
どちらもどこか祭りっぽくて、この感じは何かに似ているなと考えていたのだけれど、ちょっとアルバート・アイラーっぽいかも。
こういう生音で、間近に聴けるのは凄いし楽しい。
でも、しかるべき音量で聴いてみたい、と思わせる箇所が何カ所もあり。
いつか、そんな環境でも聴いてみたいと思った。

なんてことをつらつら考えながら、楽しんで来ました。
そんな訳で、画像の林さんのアルバムを買ってみたり。
まだまだ、面白くなりそう。



春です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/04/10 21:14] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪相変わらずです | ホーム | 気付くの遅い≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1090-5c7243c4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。