スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
出てきました
TOP ▲
スティーヴ・ライヒ/18人の音楽家のための音楽

Steve Reich
Music For 18 Musicians


昨年の2月頃、自分の持っているこの人の作品を片っ端から聴き直して、あれこれ感想を書いたりしたのだけれど、一番最初に聴いて、一番好きだった(と言えると思います)このアルバムが見当たらなくて、そのままに。
で、CDを片っ端からiTunesで読み込むべく棚を漁っていたら、やっと出て来たという次第。
1年以上も経っていて、ちょっとビックリ。
まあ、そんな膨大なコレクションを所蔵している訳ではないので、その間ずっと探していたとかではないんだけど。

そんな感じで、78年にリリースされたというこのアルバム。
最も人気がある、のかどうかは知らないけど、昨年5月の来日時には、2日間ともにこの曲が演奏されたし、代表作の一つであることは確からしい。

このアルバムのことを知ったのは、テクノやらなんやら、その辺をちょっとかじってた頃、そっち方面の音楽雑誌で紹介されていたから、だったと思う。
で、聴いてみてどうだったかというと、何だかよく分からないんだけど、なんか心地良いな、という感じ。
その後も、何だかよく分からないまま、なんか心地良いので、ハマったというほどではないけれど、それなりに愛聴。
だから、同じような心地良さを求めて他のアルバムもいくつか試してみた、けど、このアルバム以上によく分からず。
よって、当時、気に入ったと言えるのはこのアルバムのみだった。

それが、昨年2月に改めて他のアルバム達を聴き直してみたら凄く楽しめたし、さらにはライブを体験したら、よりいっそう聴こえ方が違って来た。
そして、やっと見つかったこのアルバムも、今聴いてみると、相変わらず心地良いことには違いないけど、少しばかり違って聴こえる、ような気がする。
どこがどう違うかって言うと、うまく説明できないんだけど。
以前はちょっと無機質に感じていたところが、もうちょっと親しみやすい音に聴こえて来たりとか、そんな感じ。
この手の音楽はあまりたくさん聴いていないので比較はできないけど、この人の曲ってわりと分かりやすい、親しみやすい部類なんではないか、と思っているところ。

この曲の他の録音も聴いてみたいかも。



桜の続き。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/04/17 21:38] | Contemporary/Classical | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪今でも有効 | ホーム | しっくりくるのはこっち≫
コメント
僕はライヒの事を知ったのはほんの5~6年前で、それはレーナード・スキナードなどサザンロックやルーツ・ロック好きで、パンクやらとにかく爆音好きな僕の知人がいて、彼が「こんな音楽があるよ。実は昔から愛聴している」という話を聴いたのが初めて。

爆音好きが好きな環境音楽とはなんぞやと思って聴いたら、これがまた僕の好みにぴったりだった。
昔大学生の頃タンジェリン・ドリームが好きでよく聴いていたのと何か符合するようで心地よかった。

僕が初めて聴いたライヒのアルバムは『Octet・Music For A Large Ensemble・Violin Phase』でした。
[2009/04/18 18:23] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

ライヒって、なぜだか分からないんですけど、いろいろな方面に影響を与えたり人気があったりするんですよね。
去年見に行ったライブでも、そのことを反映するかのような客層でした。
タンジェリン・ドリームあたりは通じるところありそうですよね。
[2009/04/19 00:43] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
少し聴きかえしてみましたが
piouhgdさん、こんばんは。

ライヒの記念碑的な作品として知られる”Music For 18 Musicians”なのでいくらかのアルバムが出ていますが、現代のクラシックであるのでさほどの違いは無いようにに感じます。
しいて言えばライブ録音のものはニュアンスが違って聴こえるようでもあります。
何年か前に電化されたremix物として出されたアルバムはアコースティックとは異なりコンポジションがスッキリとむき出しになったように感じ取れます。

でも、個人的には記事にあるアルバムがあれば事足りるような気がしますが(笑)。
[2009/04/23 03:26] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

やっぱりそういうものですか。(笑)
それでもライブ盤は聴いてみたい気がします。
リミックスは好みが分かれそうですね。
ありがとうございます~。
[2009/04/23 07:45] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1096-aa4d5558
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。