スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
いかんともしがたい
TOP ▲
Confessions

Little Aida
Confessions


DJ Vadim絡みで、もうひとつ。
96年リリース。
調べてみると、最初のアルバム参照)よりもこっちの方が先らしい。

Portisheadを気に入って聴いていた頃、何かそんな感じのはないだろうかと思っていてCD屋で目に留まったのがこれだった。
テンポ遅めのビートの上に女性ヴォーカルが乗っかるというもの。
DJ Vadimが関わっているということで、なおさら興味を持ち。
買ったのは、池袋のWave。
先日もの凄く久しぶりに行ってみたらなくなっててビックリ、ということはさておき。
興味を持って買ったこのアルバム、悪くもなければ良くもない、といった感じで、期待していたのとも少し違っていたし、まったくピンと来るものがなく、数回聴いたのみ、だったと思う。

で、改めて聴いてみているところ。
雰囲気、決して悪くない。
1曲目を聴いて、"Meddle"の頃のPink Floydみたい、と少し思ったけれど、それはちょっと褒めすぎ。
でも、若干そんなところもあり、Vadim自身のアルバムに通じるところももちろんあるし、嫌いな音ではない。
けど、肝心の(?)ヴォーカルが取り立てて個性がある訳でもなく、全体的に中途半端な感じ、がする。
これがどういう経緯で作られたアルバムなのかまったく知らないので何とも言えないけれど、どこか寄せ集め的な気がしてしまう。
もしかすると本当にそうかも。

聴いていて嫌ではないだけに、いかんともしがたい。
そんな感じ。
ちなみに廃盤だそうです。



横浜です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/04/22 20:46] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪フリーなジャズです | ホーム | けど≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1099-11f2b2fc
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。