スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
フリーなジャズです
TOP ▲
Junji Hirose

広瀬淳二・芳垣安洋
04/23/09 Knuttel House - Matsugaya, Tokyo, Japan


3度目の広瀬さん。
過去2回、ともに大友さんと芳垣さんとのトリオ(ここここ)だったのだけれど、今回は大友さんが抜けた芳垣さんとのデュオ。
異なった編成に興味津々で、久しぶりになってるハウスへ。

30分くらいぶっ続けで1曲、短めにもう1曲、それが2セット。
と、演奏時間は決して長くなかったけれど、聴いている間は全然そんな気がせず、でも終わってみるとあっという間、という不思議な体験だったかも。
広瀬さんは、相変わらず、エフェクト使ってないのにエフェクトがかかったような音だとか、本当にサックスから出ているのが不思議な音を織り交ぜ、やはり凄かった。
そして、芳垣さんは毎度のことながら縦横無尽な(?)ドラミングで応酬。
小さな鈴を両手に、さらに鈴の束を足で踏みつけて引き摺りながら場内をウロウロ、などなど、アイデア豊富。
放り投げてモニターの後ろまで飛んで行ってしまった鈴をちゃんと拾いに行っていたのがちょっと可笑しかったけど、その過程もちゃんと演奏の一部になっていたりして。

で、まだ広瀬さん体験が少ないので、どうしても大友さん入りの時と比べてしまうのだけれど、基本的にお2人とも、やっていることはその時と大きく違っている訳ではなく。
なので共通するところも当然あるけど、大友さんに限らず、他に別の誰かがいたなら、きっとこういう展開にはならないんだろうな、というところもあり、いろいろ想像しながら聴けたのが面白かった。
インパクトの点では、最初にトリオとして見た時に譲るけど、刺激的な演奏でした。

で、今回は、こちらの調子が今ひとつだったもので、そんな素晴らしい音の連なりを漠然と楽しんで来た感じでした。
また、来月この組み合わせが見れそうなので楽しみにしているところ。
さらには、広瀬さんのソロとか、ベースを加えたトリオだとか。
行けるか分からないけど。



柳やら桜やら。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/04/24 22:37] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪増刊グラントグリーン | ホーム | いかんともしがたい≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1100-0582ddf2
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。