スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
4度目と2度目
TOP ▲
The Sinking of the Titanic/Jesus's Blood Never Failed Me Yet

Gavin Bryars
The Sinking Of The Titanic / Jesus' Blood Never Failed Me Yet

ヒップホップばかり続いたので、何となく目先を変えて。
ブライアン・イーノのオブスキュア・レーベルから75年にリリースされたもの。
"Titanic"は、どうやら近々再発するらしいクレプスキュール盤参照)、ポイント盤参照)と一昨年にリリースされたライブ盤参照)を、"Jesus'"は、トム・ウェイツが参加したポイント盤参照)を、それぞれ取り上げたことがあるけれど、どちらの曲もレコーディングされたものとしてはこれが最初。
しまった場所が悪くて、長らく聴いてなかったところ、先日やっと見つけた(?)ので、久しぶりに。

10年くらい前にCD化されて、その時に購入した訳だけれど、どちらの曲も先にポイント盤を聴いて気に入っていたので、その原型とあればやっぱり聴いておかねば、という感じだったと思う。
で、聴いてみると、後のレコーディングと比べるとやけにシンプルで演奏時間も短いし、あっさりしているなという印象だった。
ややもの足りず。
でも、何度か聴くうち、これはこれで良いね、と思うようになった。
そんなところで、前述の通り、適当なところにしまって見当たらなかったのと、やっぱり最初に聴いたポイント盤や、"Titanic"についてはライブ盤がリリースされてからは、そのライブ盤なんかを聴くことが多く、これも聴き直してみたいなと思いつつ、結構時間が経ってしまった、というところ。

改めて聴いてみると、やっぱりどこか物足りなさを感じつつ、既にここで完成してるんだなと思い、結局どちらの曲も引き込まれてしまった。
気分によっては、この長さがちょうど良い時もあるかも。
それに何より、後の盤とは違った生々しさがあるような気もするし。
じっくり聴き入ってみたい、と思いました。

という訳で、どれも結局好きな訳です。



葉桜、など。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/05/14 20:29] | Contemporary/Classical | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪これはこれで | ホーム | きれいにまとまった感はあるけど痛快です≫
コメント
失礼だけど
こんにちわ。
pさんのBlogを読んで興味を持ったけど、Amazonのカスタマーレビューってのを読んだら「まっ、別にいいや」って気持ちになりました。どうしてなんだろー?
[2009/05/15 00:17] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>fさん

何でですかね?
何ででしょうね?
でも、ちょっと分かる気がします。(笑)
[2009/05/15 07:32] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1115-0eee1450
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。