スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ここでやっと仲良くなれた訳ですが
TOP ▲
Stakes Is High

De La Soul
Stakes Is High


しばらく振りに、De La Soul。
96年の4枚目。
96年というと自分の、ロックとヒップホップを聴く比率が逆転し、ますますヒップホップを熱心に聴くようになっていて、そんなタイミングでリリースされたこのアルバムは、De La Soulの作品中、聴いた回数が最も多かった。

でも、最初から気に入ったかというとそうでもなくて、あまり、どころか全然ピンと来なかった、どころか、全然好きじゃなかった、ような憶えが。
漠然と、随分音が変わってしまったな、という印象を持った程度。
それがいつの間にやら、徐々に引っかかりができ始め、気付けば愛聴するまでに。
きっかけがなんだったのか、まったく思い出せないけど、とにかく一時よく聴いていたことを思い出す。

これ以前と比べると随分と雰囲気がシリアスになり、まるで別のグループになってしまったように当時は感じたけれど、今聴くとちゃんとDe La Soulらしさもあるし、なかなか見事。
さらにこのシンプルさは、今聴いても格好良いと思える。
ただ、「らしさ」があるとは言っても、その「らしさ」が薄れていて、以前ほど画期的という印象がないのも確か。
地味に職人技が光るような感じ、な気がする。
まあ、このアルバムに関しては、そこが良かったりするんだけど。
余談ですが、中盤あたりの女性ヴォーカルをフィーチャーした曲が当時は全然好きになれなくて、今聴いたらどうかなと思っていたけど、やっぱり好きじゃないです。

そんなこのアルバムですが、De La Soulの作品中、これが一番好きかと聞かれても、ちょっと即答しかねる。
じゃあ、一番好きなのはどれ?と聞かれれば、今のところ、特定できず。
という、不思議なグループです。
自分にとっては。

もうちょっと続きます。



1ヶ月とちょっと前。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/06/08 20:49] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪ここでお別れしました | ホーム | また20年後くらいですか?≫
コメント
De La Soulってなんか捉えどころのないグループなイメージがあるね。
好きな人にはストレートにくるものなのかもしれないけど。

俺も久々にこれ聴き直してみようかな。
3曲目位に入っている、COMMONをフィチャーした曲がかっこよかった憶えがある。
[2009/06/08 22:20] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

そうなんだよね。
評価高いのは凄く分かるんだけど、個人的にはズバッと来ない感じ。

このアルバムは、前半の流れが好きかな。
[2009/06/08 23:12] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1135-9992be10
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。