スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ここでお別れしました
TOP ▲
Art Official Intelligence: Mosaic Thump

De La Soul
Art Official Intelligence: Mosaic Thump


続いて、2000年の5枚目のアルバム。
前作参照)から4年ぶりの久しぶりのリリースだったし、これを皮切りに3部作になる予定とのことだったので、結構期待して手にした憶えが。
もちろん、残り2作も聴くつもりで。
この頃、メジャーなヒップホップの音にはまったく興味を示さなくなっていたのだけれど、De La Soulなら大丈夫だろう、という期待もあった。

で。
全然好きになれず。
音はますます様変わり。
活動期間が長くなれば音が変わるのも当然だし、これが単に当時の主流の音(売れているという意味での)に乗っかったものでないことは理解できたのだけれど。
何度か試してみても、やっぱりダメ。
結局、3部作の残り2作を聴くこともなく、それら2作のリリースをチェックすることもなく、興味を失ってしまった。

そんな感じだったので、ここ最近、一連のアルバムを順番に聴いたりしていたんだけど、これだけはなかなか聴く気になれず。
なら無理に聴く必要もまったくないとは言え、一応気になったので、聴いているところ。
聴いてみると、やっぱりちょっと...。
まず、イントロに続く最初の曲から好みじゃない。
ラップだけを取ってみれば格好良いと思うし、結構聴ける曲もあるし、気に入るのもそのうち出てきそうなんだけど、曲によっては、かなりキツい。
相変わらずセンスの良さを感じることはできる。
それに完成度も高いと思う。
評価が高い(のかどうか知らないけど)としても異論はない。
でも、やっぱり好みじゃない、としか言いようがない。
こればっかりは。

De La Soulは、こんな残念な終わり方でした。
当時も今も。



横浜、終了。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/06/09 18:37] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪少し様子の違った日 | ホーム | ここでやっと仲良くなれた訳ですが≫
コメント
このアルバムって、当時、piouhgd氏の家に行って、「これ聴きたいな」って言ったら、「全然おもしろくないよ」って言って、「それでも聴いてみたい」って言って、渋々かけてもらって、最初の曲が始まるや、piouhgdが「こんなだよー。俺、こういうベースの音とか嫌いなんだよな」って言って再生ストップ。
という、ほとんど聴けなかった思い出があります(笑)
でも、たしかにもう既にDe La Soulも興味の範囲外に行ってしまったなぁという感じだけは伝わったよ。

それはそうと、今日「Stakes Is High」を久々に聴いていたけど、あれはいいね。思っていたよりも全然いけた。
女性Voの入った2曲は正直ダサいけど、それ以外はとても好きな感じですよ。
De La Soulだったらあのアルバムが一番いいかなー。
ファンからすると、一番特徴の薄い作品なのかもしれないけどね。
[2009/06/09 21:01] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

あれ?そんなことあったっけ?
でも、まさにそんな感じ。
今聴いても。
今度聴かせてやるから。(笑)

>Stakes Is High

うん、これは良いと思う。
De La Soulらしさは薄いけど。
このアルバムは、もっと薄いよ。
[2009/06/09 21:06] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1136-2b127679
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。