スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
少し様子の違った日
TOP ▲
Hiroshi Minami

Minami Hiroshi Go There!
06/10/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


久しぶりに、南博Go There!。
気付けば、前回から3ヶ月も経っていたりして。
早いもんです。

セットリストは、こんな感じでした。

Set 1:
A3
Window In The Sky
Barack Obama
Angie Dickinson

Set 2:
Serene
Falling Falling Falling
December
Peaceful Destruction

Encore:
Praise Song

お客の入りは、あんまり気にしてなかったけど、半分強の席が埋まっている感じだったかな?
いや、もっと入ってたかも。
そんな感じで、ファースト・セット。
珍しくMCから入り、いきなりそんな話題から?というところから始まり、ひとしきり毒を吐いた(?)後、これまた珍しく、演奏曲目を紹介。
さらに珍しく、6曲も演奏するらしい。

で、ここのところしばらく演奏していなった"A3"から始まり、"Window In The Sky"と"Barack Obama"と続く。
久しぶりの"A3"、嬉しい。
そして、全体的に、熱いと言うか、激しいと言うか、ガツンと来る感じ。
前回もそんな演奏だったけど、今回はさらに輪をかけて、だったような気がする。
この後、冒頭のMC通りなら、"Subprime"、"Waltz Rain"のはずが、南さんの一声で"Angie Dickinson"へ。
流れを考えて曲順を変えたのかと思いきや、この曲で終了。
でも、この"Angie"がやたらと格好良かった。

そして、セカンド・セット。
再び、MCから。
そして、"Serene"、"Falling Falling Falling"、"December"と今度はMCで紹介した曲順通りに。
前半の流れを汲みつつ、ちょっと抑えた感じもあり。
前半よりは、若干乱れがあったようにも思うけど、どの曲も変化があって、面白かった。
で、最後、"Peaceful Destruction"で締め。

アンコールは、また水谷さんとデュオでもやってくれるんだろうか、とか思ってたら、"Praise Song"。
"A3"以上に久しぶりに聴いた気がする。
最近では珍しい終わり方。
そういえば、今回、芳垣さんのソロってあったかな?、なかったかな?とか考えていたら、この曲の終盤で、いわゆるソロってのともちょっと違うけど、一応ソロ。
これが結構長くて、終わりのテーマに入るタイミングを計っている様子が面白かった。

そんな訳で、気迫というのとも違うし、テンションが高いというのとも違って、うまいこと言葉を見つけられなんだけど、南さんのピアノが全般的に激しいことが多く、とても印象に残ったライブでした。



今日は緑が中心で。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/06/11 20:56] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪思い出したのでもうひとつ | ホーム | ここでお別れしました≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1137-5fa9d0bf
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。