スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
やりすぎちゃった訳ですね
TOP ▲
Jungle Brothers - J. Beez Wit The Remedy

Jungle Brothers
J. Beez Wit The Remedy


さらに順番通りにサード・アルバムを。
リリースは93年。
ちょうどヒップホップに興味を持ち始めた頃で、この人達を最初に聴いたのがこれだった。
で、このアルバムと言えば、その当時、評判が今ひとつよろしくなかったことを思い出す。
あちこちから情報を集めた訳ではなく、雑誌など、たまたま目についた範囲では、という程度だけど、たしか、そんなに良く言われてなかったはず。
そういう先入観をちょっと持って聴いたこのアルバムは、妙に地味だし、何やってるのかよく分からず。
ただし、それは先入観がどうとかと言うよりも、単にこの手の音楽を聴き始めて日が浅く、こちらの耳の準備ができてなかったということの方が大きいと思う。

しばらくして、そんなこのアルバムの印象がちょっと良い方に変わったのは、ある人が評価していたのを知ってから。
その、ある人ってのは、山塚アイさんですが。
で、妙に納得できるものがあり、そういう耳(どういう耳?)で聴いてみたら、後半垂れ流される滅茶苦茶なコラージュのような曲もなかなか面白いと思えるようになった。
よく聴いてみると、ストレートにヒップホップとして良い曲もあるし。
とは言っても、飽きるほど繰り返して聴いたというところまでは行かず、結構良いかも知れない、くらいのところでストップ。

今聴いてみると。
これが凄く良い。
自分の耳にはやっぱりこの頃の音が一番しっくり来るというのもあるし。
当時としては、やっぱり当時としてはちょっとやり過ぎちゃったのかなと思える節もあって、とんでもないエンディングを迎えたりもするけど、かえって今の方が素直に受け入れられるような気がする。
早すぎた1枚、って感じがしなくもない。
昨今、どんな聴かれ方をしているのかさっぱり知らないので、単なる思い込みでもありますが。

これは好きですよ。
誰にもお勧めしませんけど。



年末。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/06/24 20:21] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪まだやる気あるみたいです | ホーム | 症状が悪化していた訳ですね≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1149-935f1f35
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。