スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
まだやる気あるみたいです
TOP ▲
ファーム

Dinosaur Jr.
Farm


今日はちょっと予定を変更し、Dinosaur Jr.など。
"Beyond"参照)に続く、オリジナル・メンバーで再結成してからの第2弾。
リリースされたばかり。

で、今回、国内盤にはボーナス・トラックとして4曲追加されているのだけれど、輸入盤にはボーナス・ディスク付きの限定盤があり、どうやらそちらも4曲多いらしいことを、予約注文してしばらく経ってから知った。
そして、曲目をチェックしてみると、2曲一緒で2曲違うという、非常に困った状態。
こういうの、やめて欲しい。
とは思ったけど、思っただけで結局両方注文。
我ながら、アホだなと思いました。

で、聴いてみると。
これが、まあ予想以上でもなければ、予想以下でもない、という感じ。
つまらないということではなくって、このバンドはもう音楽的に新たな展開を迎えるというような段階でもないし、また、こちらもそういったことは求めてないし、そういう意味では、期待通りということ。
より「Jのバンド」っぽくって、"Where You Been"参照)意向の雰囲気に近い曲が多い気がする。

そして、前作同様、ルーの曲が2曲。
やはり前作同様、いかにも「ルーの曲」な出来。
でも、前作同様、それ以上ではない感じでもあり、この人ってソロや自分のバンドでの方が良い曲を作るような気がしている。
演奏面ではバンドらしさが深まってはいても、音楽性の面で溶け合うことはもうないのかも。
それくらい両者の個性が確立されているということでもあるんだけど。

気になるボーナス・トラックは、Zombiesの"Whenever You're Ready"という曲とElyseなるアーティストの"Houses"の2曲のカヴァーが国内盤、輸入盤、どちらの盤にも共通。
国内盤には、上記の2曲の他、この新しいアルバムの収録曲でもある"I Don't Wanna Go There"という曲のライブとセカンド参照)収録の"Tarpit"のライブ。
輸入盤の方には、Jひとりによる、ほぼ遊びと言っても良いような感じの2曲。
新鮮味、ということで言えば、輸入盤、でも国内盤の方の"Tarpit"は好きな曲だし、いかにもJらしいタイトルの"I Don't Wanna Go There"は、アルバム中でもかなり良いと思った曲だし、どちらか一方を選ぶのは難しい。
両方買っておいて正解だった、とも言い切れないもどかしさはありますが、一応、そうしておきます。

ところで、Elyseって全然知らなかったので、調べてみたら、このアルバムだそうで。

Elyse

68年リリースで、フォークとかサイケとか書いてあったので、何となく想像付きますが、ちょっと気になります。

全体としては、前作もなかなか良かったとは思うけど、今回の方がより好み。
Jのバンドっぽさが増したから、ってことではなくて、フレーズやらメロディーやら、自然に入ってくるところが多かったから。
今後、どうなって行くのでしょうか。



5月の別の日。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/06/25 20:32] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪期待通りで期待以上 | ホーム | やりすぎちゃった訳ですね≫
コメント
"Houses"はニール・ヤングが
ギターで参加だそうですね。
聴いたことないんですけど。。。
気になります。
[2009/07/01 07:17] URL | kaba [ 編集] | TOP ▲
> kabaさん

え?ほんとですか?
原曲の方ですよね?
こっちに参加だったら、もっと話題になってますよね、多分。(笑)
でも、ますます原曲聴いてみたくなりました。
ありがとうございます。
[2009/07/01 13:46] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1150-3ad30613
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。