スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
変えて来た(変えざるを得なかった?)訳ですね
TOP ▲
Raw Deluxe

Jungle Brothers
Raw Deluxe


中断していたJungle Brothersをやっつけてしまおう(?)、という訳で、久しぶりに。
97年の4枚目。
前作参照)から約4年。
ヒップホップではアルバム間のインターバルが4年というのはそれほど珍しくないような気もするけれど、同じくNative Tongue出身のDe La SoulやA Tribe Called Questと比べると今ひとつ奮わない印象があったし、実際そんな文章も読んだ憶えもあるし、いろいろあったんだろうか。

で、これがこれ以前とはガラリと雰囲気が変わって、渋めでシリアス。
ガラリと変えて来たのは、時代の流れか、前作でちょっとばかりやり過ぎちゃった反動か。
多分、その両方じゃないかと思うんだけど。
ともかく、まだこの人達の魅力がよく分からなかった当時の自分にとってはとても格好良く聴こえ、一時かなり聴いていた。
Jungle Brothersの作品中、一番聴いたのは間違いなくこれ。

とか言いながら、実は最近になって久しぶりにこのジャケットを見るまで、こんなアルバムがあったことをすっかり忘れていた。
あれだけ聴いたわりには。
もちろん、久しぶりに聴いてみて今でも格好良いと思えるし、全然有効。
ただ、地味でちょっとばかりインンパクトに欠けるところはあるかな、という感じ。

そんなこのアルバム、一番聴いたなら、一番好きかと言うと、初期の魅力が分かってしまった今となっては、そうとも言い切れないというのが正直なところ。
その一方で、最初の3枚のうちどれ、と言われてもはっきりしないんだけど。
この感じ、何となくDe La Soulの"Stakes Is High"参照)に近い。

でも、まあ、好きなアルバムではあります。
ちなみに持っているのは、ボーナス・ディスクの付いた2枚組。
レッド・アラートによる初期の曲のミックスなんかが入っていて、当時はあまり聴かなかったけど、なかなか良かったです。



年末です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/06/30 19:01] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪売れたかった訳ですね | ホーム | 終わってしまいました≫
コメント
こないだから色々紹介されていたので、Jungle BrothersとDe La Soulのアルバムを合計4枚ほど買いました。
これから聴いてみます。
[2009/06/30 20:43] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

え?ほんとですか?
興味おありですか?
お気に召したら、ぜひA Tribe Called Questも。(笑)
[2009/06/30 20:50] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
いまDe La Soulの『De La Soul Is Dead』を聴いています。

A Tribe Called Questもチェックしました。初めて聴きました。
ゆったりしてますね。
早速、『People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm』をポチっといきましたよ。
[2009/07/01 00:51] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

え?ほんとですか?(笑)
ぜひ感想お聞かせください~。
[2009/07/01 07:50] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1154-c2a3c969
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。