スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
幻にならなくて良かったです
TOP ▲
船戸博史 - 通り抜けご遠慮ください

船戸博史
通り抜けご遠慮ください


先日の芳垣さんの4daysの時に見つけたこのアルバムなど。
CD売り場を眺めていたら、見慣れないジャケットがあったので、手に取ってみると船戸博史さんのリーダー作で、芳垣さんも参加していると言うし、何とも言えない妙なセンスのタイトルにも惹かれ、即購入。
CD-Rだから、安かったというのもあるし。

で、録音は2007年、だそうです。
船戸さんのサイトを見てみたら、「幻になりかけた」と書いてあるので、どこかのレーベルからリリースするのが流れたから、とかそんな感じなんだろうか。
とにかく、なかなか珍しいものらしい。
船戸さんと芳垣さんの他には、大澤香織さんというピアニストと小森慶子さんがアルト&クラリネットで参加。
大澤さんは、どこかで名前を見かけたことがあるような気もするけど、このアルムで初めて知ったに等しい。
小森さんは、渋さ知らズで見たことがあるのかも。
でも、ないのかも。
ともかく、何らかの形で音は聴いているはずだけど、それほど馴染みがあるというほどでもなく。

で、1曲目が船戸さんと芳垣さんのデュオによる短めのフリーな演奏。
これがとても格好良くて、これを聴いただけで買って良かったと思ったほど。
ベースの音はぶっといし、ドラムの音も抜けがよく、演奏もライブで聴いたのとほとんど同じ感じ。
全体的にこうしたフリーっぽい演奏がベースになっているけど、単にフリーというのではなく、印象的なメロディーが多い。
歌心、でしょうか。
ピアノもサックスも存在感があり、素晴らしい。
でも、何となく、ベースとドラムに耳が行ってしまう。
ベースとドラムを核として、メロディーが周りを取り囲むような、そんな印象。
今のところ。

興味がある方なら、見つけたら買っておいても損はないかと思われます。
幻にならなくて良かったです。



年末の続き。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
[2009/07/02 18:57] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲
≪1ドルだったので | ホーム | 売れたかった訳ですね≫
コメント
船戸さん歌心ありますよね~
ふちがみとふなともそうやし、プロデュースした長谷川健一さんのアルバムもそううやし。私も好きです。
ほんでもこれ聴いた事ないんで見つけて聴いてみます
[2009/07/03 00:20] URL | kazakh [ 編集] | TOP ▲
とっても気になります
piouhgdさん、こんばんは。

船戸_芳垣とくれば懐かしくもありその力強い演奏が思い出されます。どこかでみかけたら買ってみようかと思います。

先ほどニュースでたまたま見かけましたが「渋さ知らず」のメンバーがオクスリで御用とあいなったようです。
最近はジャズ界でこの手の話題は聞かなくなっていたのに残念です。
[2009/07/03 04:10] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>kazakhくん

船戸さんもそうだし、ドラムの芳垣さんも歌心ありまくりなので、それは素晴らしいことになっております。
ライブ会場か、通販でないと入手は難しそうだけど、おススメ。



>Sonnyさん

「あの頃」を知っているSonnyさんにどう聴こえるのか、とても興味あります。
なかなか見かけないかもしれませんが(笑)、ぜひ。

>クスリで御用

はい、そのニュース、ネットで知りました。
その方のことは知りませんでしたが、とても残念なことです。
[2009/07/03 07:52] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1156-cc1b8d80
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。