スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
今なら、こっち
TOP ▲
こどもと魔法

Nobukazu Takemura
Child And Magic


これには船戸さんは参加していないようだけど、せっかくなので。
前作のリミックスを挟んでの97年作。
前作参照)とはガラリと作風が変わり、結構驚いた憶えがあるけれど、印象は良く、それなりに聴いていた。
ただ、当時はこのアルバムに比べれば分かりやすい前作の方が、どちらかと言えば好きかな、くらいのところでパッタリと聴かなくなり、という感じでかなり久しぶりに聴いているところ。

で、聴いてみると、これが思っていたよりもずっと面白い。
前作はどうしても時代を感じるというか、ある種の古臭さや懐かしさが漂う気がするんだけど、こっちはあまりそういうこともなく。
変な言い方ではあるけれど、より「作品」ぽいし、密度が高い。
曲によっては、ライヒのようだったり、カンタベリーとかFaustみたいな音を連想させたり、Aphex Twinみたいでもあったり。
ライヒとは親交もあるようだし、たしかロバート・ワイアットが好きとも言ってたような気がするから、今更ながら、いろいろ納得するところが多かった。
今聴くなら、間違いなくこっち。

これ以降、となると竹村さんの作品も、竹村さんのレーベルからリリースされていた作品も、どれも面白そうだったので、それなりに興味はあったのだけれど、結局聴かないまま。
竹村さんがどうとかではなくて、こういう方面の音に興味がなくなってしまったから。
なので、2枚だけで終了。
でも、このアルバムが、もともと印象が良かったとは言え、それ以上に面白かったのは収穫でした。



年末、別の日。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/07/07 20:06] | Club Music | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪意外な人達が意外なところに | ホーム | 意外な人が意外なところに≫
コメント
ソロ以前のは、大体CD持ってました。音は好きでしたが、あのいかにも渋谷なジャケデザインが、ちょっとヤだったなぁ。
ソロ名義になってからは、ほとんどCD聴いてなかったかも。です。なのでこれも聴いてないものでした。
かつての新宿リキッドでのスリルジョッキーナイトで、トータスやSea and Cakeとの対バンで、ソロ名義のライヴを見ました。オールイベントでは、猛烈に睡魔を誘うものでしたので、ある意味してやられた感が満載でした。そういう意味ではとても快適な音でした。でも同時にやってるインスタレーションがひどかった。癒し写真のスライドショウみたいなのを背景に映してたんですが、あんなん美大の学祭に行ったらピンからキリまでいくらでも転がってる、という感じで、、、音が良いだけに残念だった記憶があります。
[2009/07/08 01:19] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

ソロ以前のやつは、1枚しか聴いてないんだけど、あんまり好きじゃなかったなあ。
ちょっと聴き直してみようと思っているところですが。

>美大の学祭

残念ながらライブは見たことがないです。
結構そういうアート面でも評価されているようだけど、どうなんでしょう。
その頃と今とではちょっとは違うかも知れないけど、あまり興味のあるところでもないし。
んー。
[2009/07/08 07:54] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ソロ以前のは結構売れたというかメディアには取り上げられてましたね。90年代初頭に出て来たこの手を含む渋谷なアーティストで最初の1枚目はすばらしく素敵で2枚目以降は若干大衆迎合商業主義傾向に陥ったバンドがいくつもあったように記憶してます。1枚目は結構ピュアなんだよね、多分。。
京都のひとは、特にアートぽいの好きな傾向にあるように思います。ボアダムスとかもそうだし。最近も、同じJambandと銘打っててもSOFTなどの京都のバンドは東京のに比べてどこかアート臭さがありますよ。あれは街の体質みたいなものがあると思います。ライヴ会場の客層にも多少現れてます。
SOFTは、pioさんとしてはどうかなぁ?結構、良いバンドですよ。今の編成になってからちょっとエレクトリックマイルスを彷彿とさせライヴは楽しいです。
http://www.myspace.com/softribe
[2009/07/08 13:24] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

>1枚目は結構ピュア

アマチュア時代をやってたことをそのままでアルバムを出したら売れて、その後、自分たちでコントロールできないことが増えて、とか、アイデアがあっさり枯渇して、とかいろいろパターンはありそうだけど。
小説なんかでも1作目は良いけど、次が難しい、ってのと近いかもね。

>京都

大昔に見たパンク系のバンドなんかでも、さらっとセンスの良いことをやってるバンドがあったような憶えが。
Soft、どうだろう。
後でサイトをチェックしてみます。
[2009/07/08 13:42] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1160-dfe17ec7
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。