スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
空回りな気がするんですが
TOP ▲
T.I.M.E.

Leaders Of The New School
T.I.M.E.


Native Tongues絡みもBeatnutsで終わり、と考えていたのだけれど、海外のWikipediaを読んでみると、もっといろいろなグループやアーティストが名を連ねていて、その中にはモス・デフやらタリブ・クウェリの名前も挙がっていて、ヘー、と思っていたところ。
じゃあついでに聴いたことあるやつでも行ってみよう、と思い立ち、でも、モス・デフとタリブ・クウェリは既に取り上げたから、この人達でも。
有名なところでは、バスタ・ライムスが在籍したいた(とか一応書いておきます)グループの、93年のセカンド・アルバム。
2枚目にして、たしか最後のアルバムでもあり。

自分としては、ヒップホップを聴き始めたばかりの頃に手に入れたアルバムなので、印象に残っている1枚。
何でこのアルバムに興味を持ったのかはあまり憶えてない上、思い入れがあるかというと、印象に残っているわりには、ない。
とりわけ異彩を放つバスタはインパクトあるし、ニュー・スクールのリーダーなんて大見得を切るくらいなので勢いはあるし、4人のMCによる掛け合いはなかなか痛快。
でも、何度聴いても途中で飽きてしまうという、そんなアルバム。

久しぶりに聴いたら、思い入れがない分、それなりに新鮮に聴けたけど、以前の印象を拭えるほどではなく。
最初の数曲では気持ちよく聴こえる掛け合いもバリエーションに乏しいし、全体的にちょっとくどいところもあるし、いろいろと勢いが空回りしている感じ。
途中で飽きてしまうくらいだったので、アルバムの後半の曲は、ほとんど記憶になかった。

そんな訳で、印象に残っているというのは、印象に残っていないということで印象に残っているということでして、あと1歩、いや、あと2、3歩な感じの1枚です。
よって、ファースト・アルバムに遡ることもなく。
でも、意外とファーストの方が良かったりして。



再び年末です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/07/18 20:39] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪インパクトはありますが | ホーム | 結局最初の2枚です≫
コメント
以前、1stを聴いたときは、ちょっと古めな感触がして、合わない気がしたけど、先日全然記憶がないまま久々に聴きなおしみたら、これが!
とんでもなく素晴らしい名盤でしたよ。
今更ながらヒップホップでAll time Bestと呼べるアルバムに出会えるとは思ってなかったです。

これは絶対にオススメです!
音的には若干違えど、最近のpiouhgd氏の感覚で言えば、Black Sheepの1stを再評価したのに近いんじゃないかな。

リーダーズは、この2ndでちょっとゴテゴテした音になっちゃうけど、1stはかなりシンプルな音づくりですよ。
[2009/07/18 22:28] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

え?そうなの?
このゴテゴテ感、やっぱりちょっと苦手なんだよね、今でも。
そうなるとファースト聴いてみたいね。
[2009/07/18 22:38] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1170-9bbd84d6
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。