スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
深入りせず
TOP ▲
Scouts Honor...By Way of Blood

Rampage
Scouts Honor... By Way Of Blood


Native Tonguesからは外れるけれど、せっかくバスタまで来たのでこんなのも。
バスタ率いる(?)Flipmode Squadに属するこの人の97年のファースト・アルバム。
このアルバムは、ちょっとばかり嫌な予感もあって買うかどうかはかなり迷ったのだけれど、たしか中古盤を見つけて、とかそんな感じで手に入れたのだったと思う。

で、聴いてみたら、その嫌な予感が的中。
嫌な予感というのは、バスタと同じような大袈裟で芝居がかったようなスタイルで、さらにそれが薄まったような感じでは?というものだったのだけれど、やはり自分としては聴き所を見つけられず。
多分、2回くらいしか聴いてないと思う。
率直に言って、つまらん、という印象しか残らず。

で、つまらないなら聴かなきゃいいんだけど、この機を逃すと(?)今後まず聴かないだろうし、せっかくなので。
まあ、機を逃したところで何の影響もないですが。
でも、聴いてみたら、曲単位では意外と悪くないのもあるし、スタイルを踏襲していると言っても、バスタほど声に癖がないので、思っていたよりも疲れる感じではないかも。
ただ、やっぱりこの人中心でアルバム1枚となると、好みということも含めて、ちょっと辛いというか、積極的に聴きたい感じではない。
何より、自分が今求めている音ではないし。
ランダムに聴いた時に1、2曲出て来る分にはいいかな、という感じでしょうか。
ちなみに、何曲かでバスタが登場するけど、すべてかっさらって行きます。

と言う訳で、この辺は、これ以上深入りしませんでした。



冬です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/07/20 13:26] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪言うことなし | ホーム | インパクトはありますが≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1172-98fb4ee9
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。