スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
すべてが絶妙
TOP ▲
Resurrection

Common
Resurrection


再び、コモン。
94年のセカンド・アルバム。
この人の作品で最初に聴いたのがこれだった。
リリース当時の評判が、あまりにも高かったので、興味を持ったから。

で、聴いてみたら、自分の(その当時の)好みからすると、ちょっと甘いというかスウィート過ぎるというか(一緒か)、そんな風に聴こえて、なかなか入り込めず。
で、これはあまり好きになれないかも、何て思いながら、ごくたまに聴いたりしていたら、いつの間にやら好きになっていた。
集中して毎日のように聴いたとか、そんな感じにはならなかったものの、時間が経てば経つほど、より深く楽しめるようになった、そんな1枚。

なので、今でもまったく問題なく楽しめる訳で、例によってあまり書くことを思い付かず。
鼻にかかったような声も、トラックも、もうちょっと行ってしまうと好みから外れてしまいそうな甘さのスレスレ加減も、すべてが絶妙。
わりと久しぶりに聴いたけど、以前にも増して深く楽しめているような気がする。
さらに。
やっぱりこの人の作品中(聴いた中では)、一番好きかも。

と言う訳で、短めに終了。
心地の良い音です。



冬の晴れた日。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/07/24 21:09] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪スレスレなんですけど | ホーム | 一貫してジャズでした(?)≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1175-c3a2d2fc
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。