スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
やり過ぎてなくて良いと思います
TOP ▲
A Future Without a Past...

Leaders Of The New School
A Future Without A Past...


Native Tonguesはコモンで終わりのつもりだったのだけれど、このグループのセカンド・アルバム取り上げた時、コメントをくれた友人がこのファースト・アルバムを絶賛してたので、興味が湧いてつい購入。
まあ、安かったから、というのも大きな理由ではあるけれど。
で、思いの外、早く手元に届いてしまったので、このまま行ってみます。

という訳で、91年のファースト・アルバム。
このアルバムは、もちろん存在は知っていたけど、最初に聴いたセカンド・アルバムがもうひとつだったのと、91年というのがその頃の自分にとっては微妙でもあり、まったく興味を持つことはなかった。
このグループと言えば4人、というイメージが強いので、このCDが手元に届いて初めてジャケットに写っているのが3人だけというに気付いたほど。

で、聴いてみたら。
91年ということで、たしかに少々古めの音。
多分、その当時聴いたとしてもあまり良さは分からなかったと思う。
でも、今なら全然大丈夫。
その上、これはなかなか素晴らしい。
バスタは最初から個性的だったのは間違いないけれど、ここではまだやり過ぎな感じはしないし、自分としてはこのくらいの加減がちょうどいい。
また、曲によってはPharcydeに繋がるような、スカッとする掛け合いもあったりして、これはなかなか。

ただ、ちょっとばかりダレるところもあり、友人の絶賛ぶりとはちょっと温度差があるのが正直なところ。
でも、ゴテゴテしたところが苦手なセカンドよりはこっちの方が好きなのは間違いない。
このグループとしては、結局2枚しかアルバムをリリースしていないけど、もうちょっと堪えていれば、もっと良い作品を残したのではないか、という気がしなくもないです。

そんな感じで、最後に意外な発見をしてNative Tonguesシリーズ(?)、終了です。



冬です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/07/30 18:38] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪詰まっています | ホーム | 華はないかもしれません≫
コメント
おお!早速。

俺も昔ちょっと聴いたときは、やっぱり地味すぎるように感じたんだけど、今聴くとこのくらいのバランスがすごく心地いいんだよね。ふと思い出したときに聴きたくなる一枚。

native tongueの音を一番クセなく出しているのって実は彼らのような気がする。
あ、それ以前に彼らってnative tongueだったっけ?
まあ、new school一派って事で。

今聴きなおしてみると、俺が好きだった90年代中期の日本語ラップ勢(ライムスター他)って、このアルバムからかなり影響受けているのだなとわかった。

Freestyle Fellowshipの初期作品も91年とかで、やっぱり近い空気を持っている気がする。
[2009/07/31 00:22] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

そう、海外の業者から買ったわりにはすぐ届いたので。
これはなかなか良いね。
ちょっとダレるところもあるけど。

>彼らってnative tongueだったっけ?

よく分かんないけど、そうらしい。
あんまりイメージないよね?

>このアルバムからかなり影響受けている

そう?
そうかな?
DTほど日本勢を聴いてないから、そこまでは分からんです。

>Freestyle Fellowship

このグループも評価高かったけど、よく分かんなかったな。
結果、あのアルバム持ってないし。
[2009/07/31 07:49] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1179-690e2bd2
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。