スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
詰まっています
TOP ▲
Buddy Tate Meets Abdullah Ibrahim: The Legendary 1977 Encounter

Buddy Tate
Buddy Tate Meets Abdullah Ibrahim:
The Legendary 1977 Encounter


7月は見に行ったライブが2本だけと、ビックリするほど少なかったため、ちょっと余裕があったので最近気になっていたCDを購入してみました。
という訳で、久しぶりにヒップホップを離れて、こんなアルバムを。

カウント・ベイシーのところでテナーを吹いていたバディー・テイトという人の77年録音の作品。
タイトル通り、アブドゥーラ・イブラハムを迎えて。
こんな渋い作品を自分が知る訳もなく、当然(?)Sonnyさんに教えていただきました。
何年か前に、やはりSonnyさんのところで知った"Yarona"参照)がとんでもなく素晴らしい作品だったので、以来、アブドゥーラ・イブラヒム(もしくはダラー・ブランド)には興味津々なんだけど、何となくその他の作品を手に入れる機会を逃していて、これは手に入りやすいようだし、行ってみましょうか、ということで。

で。
まだ、細かいところがどうとかいう段階ではないけれど、これは素晴らしいです。
激しさはなく、落ち着いてじっくりと堪能できる感じ。
テイト、イブラヒムは当然ながら、ベースとドラムもとても良くて、特にベースはかなり好み。
77年録音ということは30年以上も前になるけれど、全然古さを感じないし、豊かな表現力がたっぷり詰まっている、と思う。
"Yarona"同様、ことあるごとに聴きたくなりそう。
素晴らしいです。

Sonnyさん、感謝。



夏です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/08/01 17:52] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪必然性はあんまりないかも | ホーム | やり過ぎてなくて良いと思います≫
コメント
piouhgdさん、こんばんは。

アルバム気に入ってくださったようで嬉しいです。
このようなメンツの組み合わせでは実際の音を聴くまでは結果が全く予想がつかないです。意外な組み合わせがこんなに素晴らしい結果をもたらすとは何度聴いても驚きを感じます。
もう何枚か録音があればと残念なくらいです。
[2009/08/02 21:56] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

はい、これはとても良いですね。
まだまだ、これから聴き込めそうです。
バディー・テイトを除いた3人のアルバムというのも気になりますね。

>もう何枚か録音があれば

ですね~。
まったく同感です。
[2009/08/02 22:25] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1180-3c70f9f1
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。