スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
必然性はあんまりないかも
TOP ▲
Elyse

Elyse
Elyse


Elyseという女性アーティストの68年作。
Dinosaur Jr.が、"Houses"という曲をカヴァーしていることで知った1枚。
普段なら好きなバンドがカヴァーしているからと言って、その原曲が入った作品をすぐに買ったりということはあまりないんだけど、その"Houses"という曲ではニール・ヤングがギターを弾いているということをkabaさんが教えてくださいまして、それで手に入れてみたという次第。

名前すら初めて知ったアーティストな上、68年という時代とフォークやらサイケデリックという言葉が添えられている程度で、調べてもあまり情報がない。
探し方が悪いのかも知れないけど。
加えて、女性アーティストということで、決して気に入っているとは言い難いエリカ・ポメランス参照)と何となくイメージがだぶり、ちょっと嫌な予感もあったのが正直なところ。

で、聴いてみると、そのエリカ・ポメランスとはちょっと違った。
68年らしく、大雑把に言ってBeatlesやらBuffalo Springfieldやら、その辺の音がちらつくような、そんな音だった。
何となくどこかで聴いたことがあるような、そんな雰囲気の曲も少なくなく、そこにハスキーなヴォーカルが乗る。
曲によっては、結構、調子っぱずれな。
そこはかとなく漂うB級感。
でも、それが悪いという訳ではなくて、多分、その筋(?)では一定の評価を得ているんじゃないかと推測。

ただし。
聴けば聴くほど、これを積極的に聴く必然性が感じられない。
あくまでも、自分の好みやら、最近の傾向では、ということで。
決して嫌いな音でもないけど、今ひとつピリッとしない。

で、気になるニール参加曲。
弾きまくったりとかそういうことはないけれど、一聴してニールと分かる音とフレーズ。
ちょっと落ち着く。
曲としてどうかというと、アルバム中、この曲と次の"What You Call It"という曲が少し雰囲気が違い、上記のような、今ひとつピリッとしないことを気にせず聴けるような気がする。
と思ったら、どうやらその2曲はボーナス・トラック。
なるほど。

という訳で、こういうことでもなければ知ることもなかったであろう、そんな1枚でした。



冬です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
[2009/08/03 20:47] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪TシャツはXL | ホーム | 詰まっています≫
コメント
リンクありがとうございます。
無理やり買わせたようで
すみません(笑
[2009/08/05 06:50] URL | kaba [ 編集] | TOP ▲
>kabaさん

いえいえ、そんなことはないですよ。(笑)
聴いてみたかったことはたしかです。
ニール参加曲は悪くないと思います。
1曲だけなのが残念ですが。
[2009/08/05 07:40] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1181-3f9231b8
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。