スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
市民参加型?
TOP ▲
Orquesta Nudge! Nudge! - Rhythm Chant

Orquesta Nudge! Nudge!
08/07/09 保谷こもれびホール


そして、金曜日。
久しぶりのOrquesta Nudge! Nudge!。
前回見たのはいつだろうと思ったら、昨年の芳垣4daysの時だった。
もう1年以上も前。
その間も見るチャンスはあったけど、何となく行きそびれていた。
でも、今回は、保谷にあるこもれびホールという会場の小ホールでの演奏ということで、なんで保谷?と思いつつ、近いので行ってみることに。
チケット安いし。
という訳で、傘も役に立たず、10mも歩けば靴の中が水浸しという雨の中、行ってきました。

で、中へ入ってみると、ホールの中央に楕円形に楽器が設置されていて、その周りを客がぐるりと囲むという、このグループのライブではわりとお馴染みのスタイル。
ではあるけれど、この1週間、ライブを3回見に行って、3回とも客が周りを囲むというスタイルばかりで、そういうのが続くというのも珍しい。
最初は少なめだった客も、始まる頃にはほぼ席が埋まる感じでなかなかの盛況ぶり。
気になる客層は、こういう市民ホールなのである程度は予想していたけど、年配の方が多く、子供連れの方も何組か。
明らかに、Orquesta Nudge! Nudge!や芳垣さんを始めとする出演者を知って見に来た客は圧倒的に少なそう。
見た感じ、Pit InnやらSuper Deluxeまで足を運んでいそうな人は10人前後、というと言い過ぎかも知れないけど、普段とは違う雰囲気の中、どういう演奏をしてくれるんだろうと、これはこれで楽しい。
そういえば、開場して15分くらい経った頃だったか、突然場内に音楽が流れ出し、何かと思えば"On the Corner"で、場の雰囲気にあまりにも似つかわしく、妙に面白かった。

で、スタート。
今回は休憩なし、とのこと。
始まってみると、いつも通り大迫力のアンサンブル。
岡部さんの楽器を壊すんじゃないかというくらいの激しいソロもあり、同じく岡部さんの時事ネタ・フレーズ(?)も健在で、遠慮はまったくない模様。
時事ネタ・フレーズ、予想通りと言えばそうだったけど、両方並べてくるとは思いませんでした。(?)

ただ、演奏はいつも通りながら、セットリストにちょっと工夫があって、比較的分かりやすいというか、取っ付きやすい曲が多かったように思う。
途中、岡部さんが子供に木魚を渡して叩かせたり、芳垣さんが降ると音の出る手作りの楽器を希望者に配って一緒に演奏に参加させたり、と市民参加型(?)な場面も。
加えて、普段よりもより分かりやすく楽器や曲の解説なんかもしていたり、いろいろと配慮があって、やっぱりいつもよりも和やかな雰囲気。
なので、過去何度か見た中ではいつも本編最後にやっていて、異様な雰囲気を漂わせる"Bunbaka 19"をこの雰囲気の中でやるんだろうかと思っていたところ、やっぱりやらずに別の曲で締め。
同じように大迫力ながら、楽しい感じで。

そして、アンコールは、屋上の飛行機凧。
以前にも見たことのある、音叉のような楽器をメンバー全員が持ち、場内ウロウロ。
最後にはそのまま全員退場し、途中からヴァイブラフォンに切り替えていた高良さんのみの演奏となり、そのまま終了。
残された高良さんのみがお辞儀をして終わるというのも、なかなか面白かったかも。

周りの反応を伺ってみると、寝ている方もいたけど、素直に感心している方々や、楽しそうに体を動かしている方々や、良好だった様子。
こうして、ちょっと違った方面にも広がって行くと面白いんじゃないかと。

という訳で、久しぶりに、堪能して来ました。



休みです。
back-woods song
[2009/08/09 11:14] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪たまには違う会場で | ホーム | 緊張と緩和≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1184-156eb66c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。