スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
たまには違う会場で
TOP ▲
_IGP8337

Minami Hiroshi Go There!
08/09/09 Koendori Classics - Shibuya, Tokyo, Japan


ライブの記事が続きまして、今度はちょうど2ヶ月ぶりの南博Go There!。
今回は、いつものピット・インではなく、公園通りクラシックスでの演奏ということで、Go There!としてここでやるのは初めてなのかどうかは知らないけど、少なくともここでGo There!を見るのは初めて。
なので、かなり楽しみなライブだった。

セットリスト。

Set 1:
Tears
Sea And The Ocean(?)
December
Barak Obama
Window In The Sky

Set 2:
A3
Taro Aso
Angie Dickinson
Peceful Destruction
Praise Song

Encore:
My Foolish Heart

ファースト・セット。
1曲目が"Tears"と来て、次は聴き慣れない曲。
雰囲気は"Tears"に少し似ていて、メロディアス。
新しい曲?
少なくとも、初めて聴いた曲、のはず。
タイトルが合っているかは、自信ないです。

この曲の途中で、後ろの席のひとが足を揺すっているにしては揺れが大きいので何かと思って上を見上げてみると、照明器具がユラユラ。
地震らしい。
後で知ったけど、都内でも震度4のところがあったらしい。
どおりで。

でも、演奏は地震とは関係なく、ひたすら続いて、"December"、"Barak Obama"へと。
ここまで、淡々と、というのとはちょっと違うけど、わりと一定のムードでピシッと曲を聴かせる感じ。
聴き応えあり。
そして、ラストの"Window In The Sky"、形而上的に(?)始まり、締め。

セカンド・セット。
最も形而上的と言われる(?)"A3"から。
いつもよりややスッキリと短めだったような気が。
で、"Taro Aso"と来て、"Angie Dickinson"。
この辺でやや演奏に乱れがあったけど、それを逆手に取った、のかはどうかは分からないけど、芳垣さんがちょっと崩した演奏を見せ、ファースト・セットと違ったルーズな雰囲気に。
次に"Peaceful Destruction"。
この曲が本編の最後になることが多いので、これで終わりかなと思っていたところ、"Praise Song"が始まった。
結構、新鮮。

で、アンコール。
南さんと水谷さんのデュオによる"My Foolish Heart"。
以前同様、水谷さんが少し音を探りながらではあったけれど、余韻が残る感じで、好きな終わり方のひとつ。

生音率が高いと、会場の違いで音の響き方が如実に変わるので面白かった。
書き忘れていたけど、先週金曜日のOrquesta Nudge! Nudge!も同様。
たまには、違う会場で見るのもいいもんです。

連日ではないとは言え、1週間でライブを4回見に行ったので、さすがにやや疲れてしまった。
今日も近場で南さん出演のライブがあって、今まさに演奏中のはずなんだけど。
見に行きたいのはやまやまながら断念。
惜しい。



曇り。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7

[2009/08/10 20:39] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪バランスが取れます | ホーム | 市民参加型?≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1185-813aedf6
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。