スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
バランスが取れます
TOP ▲
Trumans Water - Of Thick Tum

Trumans Water
Of Thick Tum


ここのところライブ続きだったので、久しぶりに通常通りに。

何となく久しぶりに聴いたら妙に良くて、軽くハマっているこんなバンド。
Trumans Waterの92年のファースト・アルバム。
ローファイやら何やらのひとつとして紹介されていて、当時興味を持ったバンドのひとつ。
何だか正体の分からない不気味さと、ジャケットのアートワーク(特に裏ジャケ)のセンスに惹かれ(?)、とかそんな感じだったと思う。

で、当時も面白く聴いてはいたんだけど、ダラダラしているし、アホみたいだし、まともに聴いていたというよりは、友人間で笑うため、といった風。
アルバム終盤まで通すと飽きるし、繰り返し聴いたとか、損なハマり方はしなかったのが正直なところ。
単に、面白い、変なバンドという認識。

そんなこのバンドを、何気なく聴いてみたら、こんなに良かったか?というくらい良くて、持っているアルバムを片っ端から聴いてみたりしているというところ。
良くて、と言っても、相変わらずダラダラしているし、途中で飽きるんだけど、その感じが妙に心地良いような、そんな感覚。

そんな中、やっぱり耳を惹くのが3曲目の"Yakboy=Nurturer"という曲。
この曲の前半部分は、当時から名曲(迷曲)だと思っていたけど、バカバカしさでは群を抜いていて、かなり痛快。
でも、間違っても、誰かにお薦めするとか、そんなことは絶対しません。

静かな音楽や美しいと思える音楽も好きだけど、たまにはこういう汚らしい音楽を聴いてバランス(何の?)を取っている今日この頃です。



冬です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
[2009/08/12 20:30] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪無駄に溢れかえっているところが良いのかも | ホーム | たまには違う会場で≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1186-dd21d138
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。