スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
無駄に溢れかえっているところが良いのかも
TOP ▲
Spasm Smash

Trumans Water
Spasm Smash XXXOXOX Ox And Ass


続いて、93年のセカンド・アルバム。
この奇怪なタイトルとジャケットには憶えがあったものの、自分では持ってなかったような気がしてのだけれど、棚を漁ってみたら、このCDが出て来た。
さらに、このアルバムがファーストだと思い込んでいたりと、何かと印象に残っていない1枚。

前述の通りファーストだと思い込んでいたこともあって、最近になって思い出したようにまず聴いたのがこれだった。
で、1曲目を聴いて、そういえばこんな曲あったな、と結構強い印象が残っていたことを思い出した。
さらにこの曲が、何だか分からないパワーがあって、妙に惹かれてしまった。
ギター・アンプの裏くらいから聴こえてくる感じのヴォーカルやら、ユニゾンだけどバラバラな叫び声やら、無駄に小難しい曲展開やら、ダラダラした垂れ流し感やら、こんなに良かったかな?と思うほど。
それに加えて、このアルバムは収録時間がやたらと長くて、たしかアナログだと2枚組だったと思うんだけど、当然の如く、途中で飽きる。
飽きるんだけど、その飽きるところも含めて、妙に良い。
なぜだか分からないけど。

そして、最後にFaustの名曲(迷曲)、"The Sad Skinhead"のほとんどコピーと言っても良いようなカヴァーが。
通して聴いてみるまで、それがこのアルバムに収録されていることをすっかり忘れていたのだけれど、なかなか目の付けどころが良いです。

で、以前はそうは思わなかったけど、結構、Sonic YouthやPavementあたりに近いところもあったりして。
多分、Sonic Youthには影響を受けてるんじゃないかと思うし、Pavementのメロディー・センスを完全に取っ払うとこういう風になるような、そんな感じ。
ただ、Sonic Youthあたりをシリアスにとらえている向きには、怒られそうだけど。
こういうのは、笑って聴くのが一番です。

という訳で、例によって(?)、誰にもお薦めしませんが、無駄に溢れたところが痛快です。




葉っぱ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/08/13 13:31] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪音 | ホーム | バランスが取れます≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1187-e63bcdfe
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。