スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
訳も分からず持ってましたが
TOP ▲
Rough Assemblage: Construction and Demolition

Rough Assemblage
Construction And Demolition


マーク・ディグリアントーニ、エリック・クイン、ノーマン・ヤマダという3人の作曲家によるアルバム、という以外、ほとんど何も知らないけど、95年にディスク・ユニオンのレーベルからリリースされて、なぜだか分からないけど今日身を持って買ってみた1枚。
雑誌で紹介されていたとか、そんなことで知ったのだけれど、今日身を持ったのはジョン・ゾーンが関わっていたからかも知れない。
その頃良く聴いていたSoul Coughing(参照)のメンバーのひとりが現代音楽畑の人だったことから、こっち方面に興味を持ったような憶えがかすかにないこともないけど、どうだったか。

で、聴いてみたけど、何となく面白いことが行われているという雰囲気だけは感じたけど、何をどう聴いていいのやら、ほとんど理解できず。
少なくとも、当時の自分にとっては、日常的に楽しめるような音ではなかったことはたしか。
何度かは聴いたし、このアルバムの存在もはっきりと憶えていたけど、音の方はあまり記憶に残ったとは言い難かった。

で、数ヶ月前に久しぶりに来てみたら。
さすがに理解できたとは言い難いし、そう頻繁に聴くような音ではないのはたしかだけれど、思いの外面白くて楽しめたので、好みって随分変わるもんだなとしみじみ思ったり。
ギーとかバタンとか、小さめの音でのアンサンブルとか、そんなところばかりが記憶にあったけれど、そればかりではなくて、中にはプログレみたいなフレーズがあったりとか、あまり記憶がなかったおかげで新鮮に聴けた、ような気がする。
最近、自分が好んで見に行っているライブの一部にも確実に繋がるようなところがあって、そこが一番の収穫だったと思う。

さらにクレジットを読んでみると、3人の作曲家のうちエリック・クインが、93年、このアルバムのリリースより以前に若くして亡くなっていて、今更驚いたり。
さらに、本当にさっき気付いたばかりなんだけど、演奏者の中にマーク・リボーの名前があったり、MMWのクリス・ウッドの名前があったり。
興味深いこともいろいろ。

本当はここからどこかへ繋げたいところだけど、どこへどう繋げていいのやら、さっぱり分からず。
とりあえず、このアルバムは訳も分からずではあるけれど、買っておいてみて良かったかも。
という1枚でした。



葉っぱを中心に。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/08/23 20:56] | Contemporary/Classical | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪気付いたら8ヶ月 | ホーム | 伸びたり縮んだり≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1193-3cc71133
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。